スマートデバイス向けに最適化したサイトを効率的に開発・運用できるクラウドサービス「フラミンゴ」 11月28日提供開始

@Press / 2013年11月26日 10時30分

PCサイトからスマホ・タブレット向けコンテンツへの最適化変換サービスを提供する、株式会社アイスリーデザイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:芝 陽一郎)は、スマートデバイス用に最適化されたサイトを効率的に開発・運用できるクラウドサービス「フラミンゴ」を11月28日より新たに提供開始します。

URL: http://gomobile.jp/flamingo


■「フラミンゴ」の説明
提供されるサービスは、スマートデバイス用に最適化されたサイトを開発・運用するためのクラウド環境として、「フラミンゴ」と「フラミンゴ - IDE」という2つのサービスによって構成されています。
「フラミンゴ」とは、最適化対応するウェブサイトを変換エンジン経由でAPI化して、スマートデバイス用のテンプレート開発を可能にするためのフレームワークと、その利用を可能にする配信プラットフォーム(CDN)です。変換エンジン部分は、従来のコンテンツ変換サービスで最も多いProxyタイプや端末側でCSSを変換するタイプとも違い、Google社が最適化サイトの構築方法で推奨する、同一URLで動的に異なるHTMLとCSSをスマートデバイス向けに生成することができる変換エンジンです。
「フラミンゴ - IDE」は、「フラミンゴ」で利用するソースをウェブ上で開発・運用するための開発環境となります。「フラミンゴ - IDE」は、オンライン上でのソースコードの編集、リアルタイム・プレビュー、デバイス間での画面同期ならびに配信プラットフォーム環境へのデプロイが可能です。「フラミンゴ - IDE」は、Google Chromeのブックマークレットならびに拡張プラグインでの提供で、Google Chrome ウェブストアからインストールが行えるようになります。


■サービス提供の背景
近年のスマホ・タブレットの急速な普及によって企業は、最適化サイトへの対応を、スクラッチ開発、レスポンシブウェブ、もしくは変換サービスの導入等によって急速に進めてきました。その一方で、この数年でスマートデバイスのUI/UXは劇的に進化し、最適化サイトは単純に対応すればいい時代から、スピーディーかつ柔軟にPDCAサイクルを回して再・最適化を行いより効果を求められる時代になってきました。
レスポンシブウェブはウェブサイト開発において重要な手法として注目されていますが、一方でワンソース - マルチデバイスの手法は、情報設計のあり方、ソースコードの複雑さ(重さ)等々の観点から開発・運用上いくつかの問題点も指摘されています。また、同様にスマホファーストの観点から、スマホサイトを独自にスクラッチから開発する際にも、各デバイス間の投資バランスならびに開発後の運用面が課題となっています。
こういった中、ウェブのフロントエンド開発者がアプリケーションロジックとは別途に、スマートデバイス用のUI開発を可能にし、レスポンシブウェブのように同一ドメインでマルチデバイス対応を実現させるクラウドサービスが「フラミンゴ」となります。


■サービス紹介ホームページURL
http://gomobile.jp/flamingo


■会社概要
社名  :株式会社アイスリーデザイン http://www.i3design.jp
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-6-12 ベルデ青山2F
資本金 :30,000,000円
代表者 :代表取締役 芝 陽一郎
事業内容:スマートフォン事業、インターネット広告事業、受託開発事業


※ GoogleおよびGoogle Chromeは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※ Google Chrome ウェブストアに関する詳細は以下のURLを参照ください。
  https://chrome.google.com/webstore/category/apps

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング