パンデミックにも対応 日テレ系20局共同実施 データ放送を活用してインフルエンザ等の感染症情報を発信

@Press / 2013年11月27日 10時30分

20局共同実施 データ放送「子育て応援団d感染症NEWS」
 広島テレビ放送株式会社(本社:広島市中区、代表取締役:三山 秀昭、以下 広島テレビ)は、2013年12月2日から2014年4月7日まで、日本テレビ系列19局と共同でデータ放送「子育て応援団d感染症NEWS」を放送します。感染症から子どもたちを守ることを目的として国立感染症研究所、公益財団法人 日本学校保健会等と連携した取り組みです。

「子育て応援団d感染症NEWS」詳細URL
http://www.kosodateouendan.jp/j/jump.php?sid=S002000


子育て応援団ホームページ : http://www.kosodateouendan.jp
子育て応援団Facebookページ: https://www.facebook.com/kosodateouendan


■実施内容
 現在流行している感染症情報の他、前日のインフルエンザ患者数を翌朝8:00頃にエリア毎に表示し、感染症の症状や予防法についても分かりやすく解説します。また、2回目となる今回は、新たなコンテンツとして、(1) 子育て応援団モバイルサイトに寄せられた感染症の経験談をみんなの声としてデータ放送に表示(インターネットに繋がっているテレビで閲覧可能)します。(2) 新型インフルエンザ等のパンデミック(※)に対応したデータ放送のシステム構成とし、新型インフルエンザ等が発生した際には、内閣官房 新型インフルエンザ等対策室から発信される情報を掲出できるよう対応しました。
 データ放送と同時に、同情報をインターネットサイト「子育て応援団モバイルサイト」でも見ることができます。

(※)パンデミックとは、新型インフルエンザ等の感染症が世界的に大流行することです。


■概要
<名称>
・データ放送「子育て応援団d感染症NEWS」20局共同実施
・インターネット「子育て応援団 感染症NEWS」(PC、スマホ、携帯)全国実施

<実施目的>
・子どもの感染症対策、予防接種率向上、各地域にきめ細やかな情報発信
・視聴者が知りたい情報をいつでも簡単に見られる環境づくり

<実施内容>
・感染症情報(毎日の患者数、インフルエンザや感染性胃腸炎の症状や予防法)
・学校欠席者情報収集システム(一部地域)及び薬局サーベイランス一般公開情報を利用したエリア情報
(※)尚、学校欠席者情報収集システム活用エリアは、長野県、岐阜県、奈良県、鳥取県、島根県、香川県、高知県、長崎県、大分県(試験運用)、鹿児島県です。
・予防接種のお知らせを表示し、インターネットサイト「子育て応援団予防接種チェックリスト」へ促す

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング