「未来のふつう」を具現化した自作ハードウェアのコンテスト「Gugen」、優秀作品の展示オープンギャラリーが11月30日(土)~12月2日(月)に原宿 デザインフェスタギャラリーで公開~12月7日(土)、渋谷 ミクシィ本社にて授賞式も開催~

@Press / 2013年11月28日 10時0分

Gugen2013作品展・授賞式
株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂 正樹)は、「未来のふつう」を具現化した自作ハードウェアを表彰するコンテスト「Gugen」の優秀作品を展示するオープンギャラリーを、11月30日(土)~12月2日(月)に原宿のデザインフェスタギャラリーにて開催いたします。また、12月7日(土)には株式会社ミクシィ本社7階のイベントスペースにて授賞式も行います。

◆Gugen2013
http://gugen.jp/


今回が初開催となる「Gugen2013」には、ユニークかつクオリティの高い作品が207も集まりました。作品展の会場では期間中、207の応募作品の中からGugen実行委員会が選考した約30作品を展示いたします。また、11月30日(土)には「デザインが出来るor電子工作初心者」と「エンジニア」のマッチングをテーマとしたワークショップを開催し、幅広い方々に楽しんでいただける場を提供いたします。作品によっては、随時デモンストレーションを行う予定もあります。

授賞式では、優秀作品の展示および作者による6作品のプレゼンテーションが行われ、大賞1作品と優秀賞5作品を決定します。審査員となるのは、孫 泰蔵氏(MOVIDA JAPAN株式会社 代表取締役社長兼 CEO)、林 信行氏(ITジャーナリスト・コンサルタント)、岩崎 覚史(株式会社バンダイナムコゲームス チーフコンサルタント)の3名。受賞者にはトロフィーと賞金(大賞50万円、優秀賞10万円)が贈られるほか、応募作品のビジネス化や製品開発を積極的に支援していく予定です。

授賞式ではさらに、協賛企業賞として以下の8つの賞も発表されます。

・イノラボ賞(ISIDオープンイノベーション研究所)
・コクヨひらめきガジェット賞(コクヨ株式会社)
・ワコム賞(株式会社ワコム)
・Quadcept電子CAD賞(Quadcept株式会社)
・トランジスタ技術賞(CQ出版株式会社)
・スイッチサイエンス賞(株式会社スイッチサイエンス)
・秋月賞(株式会社秋月電子通商)
・ヴイストンロボット賞(ヴイストン株式会社)

このほかにも「Gugen2013」は、ABBALab、富久無線電機株式会社、株式会社ネットメカニズム、株式会社ミクシィ、株式会社ヌーラボ、デザインフェスタギャラリー(順不同)と、数多くのスポンサー様からご支援を受けています。
作品展と授賞式ともに、来場された方にプレゼントもご用意しています。作品展では、気に入った作品に対して「ほしいね」というシールを貼っていただいた方に「P板.com基板カレンダー」をプレゼントします(先着200名)。授賞式では、アンケートにご回答いただいた方に、抽選で1名に「iPad mini Retinaディスプレイモデル(1等)」、3名に「Amazon商品券1万円(2等)」、10名に「iTunes Card 3,000円券(3等)」をプレゼントします。


なお、両イベントともに同時入場できる人数は150~200名で、場合によっては入場制限を行う可能性があります。その場合は事前エントリーをされた方を優先的にご案内させていただきます。申し込みは下記のページから行えます。


◆作品展
開催場所   : デザインフェスタギャラリー
所在地    : 東京都渋谷区神宮前3-20-2
開催日時   : 11月30日(土)~12月2日(月)
         10時00分~18時00分
         ※30日は12時よりOPEN(予定)
         ※2日は17時にCLOSE(予定)
入場料    : 無料
事前エントリー: http://gugen.doorkeeper.jp/events/6905

◆授賞式
開催場所   : 株式会社ミクシィ 本社 7階
所在地    : 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
開催日時   : 12月7日(土)
         12時30分~17時30分(予定)
入場料    : 無料
事前エントリー: http://gugen.doorkeeper.jp/events/6906


【Gugen 運営/主催について】
主催:株式会社ピーバンドットコム
運営:Gugen実行委員会(代表 後藤 康進)


【本件に関する一般の方向けのお問い合わせ先】
Gugen 実行委員会
担当 : 後藤/岡島
E-mail: gugen-contact@googlegroups.com


【株式会社 ピーバンドットコムの概要】
社名  : 株式会社ピーバンドットコム
代表者 : 代表取締役 田坂 正樹
所在地 : 東京都千代田区五番町14 国際中正会館10F
設立  : 2002年4月
資本金 : 3,400万円
URL   : http://www.p-ban.com/
事業内容: プリント基板のインターネット通信販売サイト
      P板.com(ピーバンドットコム)の運営
      電気・電子エンジニア向けSNS @ele(アットマークエレ)の運営

<P板.comの概要>
P板.comは、株式会社ピーバンドットコムが運営する国内初の専業プリント基板ネット通販サービスです。プリント基板とは、電気製品の中に入っている電子部品同士を繋ぐケーブルとなる緑色の板で、その製造プロセス上、1デザインごとにフィルムや版を作成するため多額の初期費用が必要となります。小ロットの商品開発・製造では「その初期費用コストを回収できない」という重大な課題がありました。
そこで、P版.comでは、効率化された製造工程を構築し、初期費用を完全無料とした独自の価格体系を実現しました。また、従来のコースとは別に「イニシャル費用ありコース」も設置し、リピート性のある案件の受付にも間口を広げ、プリント基板の総合通販サイトとして、2013年11月現在でユーザー登録数は30,347名、実績取引社数は13,572社に達しました。
株式会社ピーバンドットコムは、同サイトの普及により、ユーザーとなる電子・電気エンジニアの問題解決および作業環境の改善・向上を支援し、少量多品種時代における電子機器業界の製品開発サイクルを加速されることで、モノづくり産業の推進に協力しております。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

Gugen WEBページ プリント基板ネット通販P板.com

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング