世界初“スマホで立体映像を見るだけ”の疲れ目対策!3Dビューワー&3Dコンテンツアプリ「EYERESH」を、12月1日正式リリース

@Press / 2013年11月28日 17時30分

「EYERESH」視聴イメージ
 株式会社リメディア(本社:神奈川県三浦郡、代表取締役社長:田原 博史)は、見るだけで眼のケアとリラックスが同時に出来る3Dビューワーならびに3Dコンテンツアプリ「EYERESH」を、2013年12月1日に正式リリースいたします。
「EYERESH」URL: http://eyeresh.jp/

 「EYERESH」は、動体視力3Dトレーニングシステムの技術を用いています。レーシングドライバーからプロ野球選手まで多くのトップアスリート達が愛用してきた視力をベストコンディションにする為のアイストレッチプログラムを一般向けに提供するため開発されました。

 3Dビューワーにスマートフォンをセットして「EYERESH」コンテンツを再生し、綺麗な癒しの立体映像を数分眺めるだけで、効率よく全ての目の筋肉を動かして緊張をほぐします。世界初のAndroid・iPhone対応スマートフォン用3D技術を搭載した、眼精疲労軽減に役立つアイケア商品です。

・「EYERESH」視聴イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/41146/1_1.jpg
・映像コンテンツ「癒しイルカ」
http://www.atpress.ne.jp/releases/41146/2_2.jpg
・映像コンテンツ「EYERESH球体」
http://www.atpress.ne.jp/releases/41146/3_3.jpg


【「EYERESH」開発の背景】
 現在世界中でモバイル端末画面を凝視する機会が増え、視力低下や眼精疲労など眼の健康に悩む人は急増しています。子供から大人まで社会環境の変化が身体に大きな影響を与えています。アンケート結果でも約90%の方が眼の健康への対策を考えており、今後は歯磨きと同じように目の対策が必ず必要な時代が来ると考え、一人でも多くの眼精疲労に悩む方へ目の疲れを軽減する新商品として「EYERESH」を開発いたしました。


【「EYERESH」の特徴】
・世界初、Android・iPhone対応スマートフォン用3D技術

・スポーツ科学から生まれた本格的なアイケア商品

・画期的な国際特許技術(※)の3D映像
 短時間で眼球移動筋と水晶体を調節する筋肉を同時に運動させ、血行が改善してほぐれることから効果が得られます。近くを見続けて凝り固まった眼の筋肉に対し国際特許技術の3D映像で緊張と緩和を繰り返して、目の調節機能を柔軟にする運動をします。
(※)第4369078号、第4966941号  その他PCT出願中
眼球の状態: http://www.atpress.ne.jp/releases/41146/4_4.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング