RADIUSサーバー検証用シミュレーター「XACK EAP Tester」販売開始 ~ RADIUSサーバーの検証をより効果的、効率的に ~

@Press / 2013年11月29日 10時0分

通信事業者向け認証サーバー「XACK RADIUS」を開発・販売している株式会社XACK(読み:ザック、所在地:東京都千代田区、代表取締役:北川 晴隆)は、拡張認証プロトコルEAP(Extensible Authentication Protocol)に対応したRADIUSサーバー検証用シミュレーター「XACK EAP Tester」を2013年12月1日から販売開始いたします。

「XACK EAP Tester」は、任意の内容のRADIUSシーケンスの実行や認証にかかる処理時間の計測、集計出力などRADIUSサーバー検証において有用な様々な機能を備えたRADIUSクライアントシミュレーターです。

本製品を導入することにより、RADIUSサーバーの各種機能試験、異常系試験や負荷試験、性能測定を容易に実施することが可能となり、検証をより効果的なものとするとともに、検証作業の効率化、低コスト化を図ることができます。

≪「XACK EAP Tester」 概要≫
・製品名  :「XACK EAP Tester」
・価格   :5,000,000円~(税抜)
・販売開始日:2013年12月1日
・出荷開始日:2014年1月~


■「XACK EAP Tester」の特長
(1) 認証方式
EAP(Extensible Authentication Protocol)に対応し、RADIUSの各種認証方式を広くサポートしています。
PAP、CHAP、MS-CHAP、EAP-MD5、EAP-TTLS、EAP-PEAP、EAP-SIM、EAP-AKA 他

(2) 汎用性
独立したRADIUSクライアントとして動作します。
XACK RADIUSに限らず、他社製RADIUSサーバーに対しても使用することができます。

(3) シナリオ実行
任意のシナリオを定義することにより、意図した内容のパケット送受信やシーケンスを実行することができます。
内容は1シーケンスごとに指定することができ、正常系に限らず、不正な応答や属性、属性値なども指定することができます。

(4) 負荷試験
実行時間を指定して大量のシーケンスを実行させることや、同時接続数を指定した負荷試験を行うことができます。

(5) 性能測定
実行時間中の認証数や、1認証あたりの最大・最少・平均時間など様々な性能データを集計出力することができます。
性能測定は固定的なシーケンスだけでなく、任意のシナリオに対しても行うことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング