無償のクラウド型ネットリスト変換・照合サービス『NET CHANGER(ネットチェンジャー)』がバージョンアップ

@Press / 2013年11月29日 12時0分

無償でネットリスト変換・照合を行うことが可能
Quadcept株式会社(本社:大阪市北区、代表:仲田 徹)は、同社が開発する無償のネットリスト変換・照合ツール『NET CHANGER(ネットチェンジャー)』のアップデートをいたしましたので、お知らせいたします。

詳細ページ
https://netlist.4cept.com/
http://4cept.com/ja/manual/netchanger/post-293


■バージョンアップの詳細
・ネットリストフォーマットの自動判別機能搭載。フォーマットを選択不要
・OrCAD(PCB2)、KiCAD、tangoの3つの新しいフォーマットに対応
・エラー箇所がわかりやすくなり、読み込みフォーマットも確認可能
・ネットリスト変換後のソート順をオプションで選択可能
・ネットリスト変換時に禁止文字を使用していた場合、変換後の文字を選択可能
・同じフォーマットでも多数の方言のあるネットリストに対応


■NET CHANGER(ネットチェンジャー)とは?
無償でネットリストフォーマットの変換や比較・照合が行なえるサービスです。多数のCADフォーマットに対応し、Web上でセキュアにデータの変換をすることができます。

【ネットリスト変換】
お持ちの電子CADネットリストを他社CADのネットリストに変換できます。

【ネットリスト照合】
回路図変更前と変更後や元回路図とPCB設計からの逆ネットリストで比較し、差分を検出します。多彩なオプションがあり必要な差分が確認しやすくなっています。

詳細ページ
https://netlist.4cept.com/
http://4cept.com/ja/manual/netchanger/post-293


■ネットリストとは?
電子回路設計における端子間の接続情報のこと。
電子CADにより出力されるネットリストフォーマットが異なるため、回路設計とプリント基板設計作業をシームレスに連携するためには、ネットリストフォーマットを効率的よく変換する必要があります。


Quadceptの開発する『NET CHANGER(ネットチェンジャー)』は世界で初めてネットリスト変換・照合をWeb上で無償提供したツールです。

Quadceptは、今後とも変換できる新しいフォーマットを増やし、CAD間の互換性の障壁をなくしていくオープン・イノベーションを推進していき、電子CAD設計者の幸せを追求してまいります。


■会社概要
社名 : Quadcept株式会社
所在地: 〒530-0014 大阪府大阪市北区鶴野町4 野村梅田A 704
代表 : 仲田 徹
URL  : http://4cept.co.jp/index.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング