中部地区の人気スポットではauが最速! ~冬の集客スポットで新iPhoneのLTE速度を調査~

@Press / 2013年12月2日 11時0分

愛知県調査結果
フィールドマーケティング・フィールドリサーチの株式会社マックスは、中部地区(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)における冬のレジャースポットや観光スポットで、新iPhone(iPhone 5c)の通信速度調査を実施。大型連休となる今年の年末年始。多くの人出が予想される人気スポットで最も通信速度が速く、快適に使えるのはどのキャリアのiPhoneか調査しました。


【調査方法】
■調査場所
愛知・岐阜・三重・静岡・長野のレジャースポット/観光スポット(各県10箇所)合計50箇所

■調査方法
通信速度計測アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」を利用。ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone 5cで、それぞれ同条件下でダウンロードスピードを3回計測し、その平均値を実測値とする。LTE通信での計測を基本としているが、LTEを捕捉しない場所では3G通信で計測し実測値とする。

■調査期間
2013年11月10日~11月21日


【調査結果全体】
中部地区の人気スポットの多くで、[auの新iPhone]が通信速度No.1を記録!

今回調査を行った5県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)全てにおいて、いずれも「auの圧勝」という結果で、全調査場所(上り/下り)のうち約69%において通信速度1位を記録。
特に名古屋市内や長野・岐阜の山間部では、多くの調査スポットで通信速度1位となっており、都市部や山間部での強さが見て取れる結果となっています。この結果には、高速の電波が障害物を回り込み、すりぬけて届く「800MHzのプラチナバンドLTE」の拡充が関係していると考えられ、各社のプラチナバンドLTEへの取り組みの差が表れていると言えます。

各社がしのぎを削って整備を進めているLTEのネットワーク環境は、現状ではauが一歩リードしていると言え、新iPhoneを購入する際にはぜひ参考にしたい調査結果となっています。


【愛知県調査結果】
愛知県では、名古屋市内に加え山間部などで強さを発揮したauが最速地点数No.1に。最高速度も「伊良湖海岸」においてauがダウンロードスピード44.9Mbpsを記録しています。ソフトバンクは圏外の場所が1ヶ所あり、ドコモもLTEが入らない場所が1ヶ所という結果に。

愛知県調査結果: http://www.atpress.ne.jp/releases/41200/1_1.jpg


【岐阜県調査結果】
岐阜県では山間部のスキー場や温泉を中心に調査しましたが、いずれもauの通信速度が速く、山間部での強さが見て取れます。対してソフトバンクは圏外が目立ち、LTE接続ができない場所も多くみられました。最高速度は「鷲ヶ岳スキー場」で、auがダウンロードスピード62.92Mbpsを記録。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング