フジワラ産業 平成26年用「旗揚げカレンダー」発売 玄関などに取り付けられる「ミニ日の丸・取付具セット」も同時発売

@Press / 2013年12月3日 16時30分

旗揚げカレンダー
 水処理装置および津波避難タワーをはじめ、緊急避難のための各種施設を開発・販売している、環境・防災設備機器メーカーのフジワラ産業株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:藤原 充弘)は、このたび平成26年用「旗揚げカレンダー」を発売しました。
 平成26年用「旗揚げカレンダー」は、昨年度に開発、販売し好評を得た平成25年用の「旗揚げカレンダー」を改良したもので、今回はカレンダーセットと合わせてマンションの玄関などに取り付けられる「ミニ日の丸・取付具セット」も同時発売しました。

詳細ページ
http://www.fj-i.co.jp/sinnbunntou/2/2014hatakarenda.htm


■元気で明るい日本を目指して
 近年、グローバル化が進み短期滞在、長期滞在を問わず海外から日本を訪れる方が増加しています。これからも観光客やスポーツ、ビジネスなどで来日する方がますます増加することが予想されます。こうした中で、日本に対する理解と親しみをさらに深めて行く必要があります。
 そのためには、日の丸を掲げて世界の人々を日の丸で迎えられるよう、祝日には国旗を掲揚する習慣を付けて行くことも大切だと考えています。しかし、祝日に国旗を掲揚する方が少ないのが現状で、まず家庭内で祝日に日の丸を掲げる習慣を付けていただきたいと思います。
 家に日の丸を掲げれば、お孫さんや子供さんなどに親孝行などの道徳が芽生え、元気で明るい家庭、地域社会にプラスになります。「日本中に日の丸を掲げて日本を元気にしたい」、フジワラ産業ではこのように考えて、だれでも手軽に国旗を揚げることのできる平成26年用「旗揚げ用カレンダー」と「ミニ日の丸・取付具セット」を発売しました。


■旗揚げカレンダー、ミニ日の丸・取付具セットのご利用方法
 写真(富士山)を印刷した台紙の下段に取り付けた月めくりカレンダー、ミニ日の丸と簡単な国旗取付具がセットになっています。取り付け方法は極めて簡単で、国旗取付具のテープをはがしてカレンダーに貼り付けるだけです。祝日には、「日の丸」をこの取付具の穴に差し込んで掲げていただきます。(カレンダーに印刷された細いガイドラインにより、取付具をカレンダーの左右中央に取り付けることができます)。
 なおカレンダーには、旧暦・干支・六曜・九星や年中行事などむかしながらの便利な情報が満載されています。多忙な日常生活のうるおいに、皆さんの「行事」や「催し」のスケジューリングに、ご活用ください。
 またカレンダーの下に空きスペースがあり、会社名などのシールを貼ることができますので、販促用やノベルティグッズなどにもご利用いただけます。(ご用命によりデザインの変更および社名などを印刷できます。)
 平成26年用は、取付具がプラスチック製になり旗もポリエステル製でサイズを大きくするなど平成25年用(取付具・旗共に小型で紙製)に比べ取扱いが簡単になり全体的にグレードアップしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング