アパレル向け店舗販促O2Oアプリケーション『CAAD』の参画ブランド数が10ブランドを突破 ~新規参画ブランドトライアルキャンペーン実施~

@Press / 2013年12月6日 10時30分

『CAAD』アイコン
 株式会社ソニマージュ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平藤 真治、以下 当社)は、当社が提供・運用するアパレル向け店舗販促O2Oアプリケーションサービス『CAAD』において、2013年12月2日に参画ブランド数が10ブランドを突破したことをお知らせいたします。
 また、10ブランド突破を記念し、2014年1月31日までのお申込みで新規ブランド参画を支援するトライアルキャンペーンを行います。

『CAAD』: http://caadapp.com/p/business/

※ キャンペーン内容につきましては、下記よりお問い合わせください。
http://caadapp.com/p/business/#contact


~“もっと簡単に楽しく、もっと多くの人に、店舗を知って・来てほしい!”に応えて~
 現在、店舗販促市場では<ポイントカード配布>や<メルマガ配信>といった手法で、顧客の囲い込みや新規顧客の開拓を行っております。そのような中、「メルマガでは容量が決まっていて、伝えたい情報が全てお届けできない」「キャリアによって、届かない人がいる」「来店経験のない人ともコミュニケーションを取りたい」などの店舗側のご意見と、『メールアドレスを登録するのは嫌だ』『ポイントカードはかさばる』という顧客側の要望を解消し、且つ店舗と顧客のメリットが増え、より強いコミュニケーションがとれるサービスとして、『CAAD』はご利用頂いております。


■『CAAD』について(※ iPhone、Android対応)
 『CAAD』の最大の特徴は、“顧客個人情報(メールアドレスなど)を登録しなくても、店舗・イベント情報を受け取ることができ、その情報を簡単に友人や家族など、身近な人達に紹介・シェアができる”ことです。

・顧客と店舗のコミュニケーションツール
 顧客は、『CAAD』のアプリケーションをダウンロードし、ショップカードを受け取るだけ。登録時に、店舗やイベントのオリジナルカードが、アプリケーションの中に格納され、カードを持っている店舗の情報をプッシュ通知や位置情報(GPS)通知により、常に受け取ることができる仕組みになっております。

・「音」を聴かせるだけ!一瞬でショップカードがスマホに
 このカードは、アプリから発せられる“音”によって、シェアが可能となります。店舗は該当顧客に気に入ってもらえれば、来店経験の無い人に対してもダイレクトに情報やクーポンを送ることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング