四代目市川猿之助襲名記念/京都芸術劇場 春秋座 芸術監督就任記念「猿之助への軌跡展」

@Press / 2013年12月9日 16時30分

猿之助展示会
■今回の内容
この度、京都芸術劇場 春秋座では四代目市川猿之助襲名ならびに当劇場芸術監督就任を記念する「猿之助への軌跡展」が12月5日より開幕いたしました。

1975年に市川段四郎の長男として誕生し、1983年には二代目市川亀治郎を名乗り、2012年6月に四代目を襲名した市川猿之助。2013年5月に市川猿翁(三代目猿之助)の跡を継ぎ、当劇場の芸術監督に就任いたしました。猿之助にとって春秋座は亀治郎時代にこけら落し公演における「春秋三番叟」(2001年5月)への出演をはじめ、自身の研鑚の場である「亀治郎の会」を第1回から計5回開催するなど、大変縁の深い場であるということから、当劇場での展覧会開催に至りました。

今回の展覧会では、二代目市川亀治郎時代から四代目猿之助襲名に至るまでのその足跡を辿り、大型写真パネルや貴重な舞台衣裳の展示、「義経千本桜・川連法眼館」の稽古から本番までを収めた貴重なフィルム「KABUKU」を上映いたします。凛々しい立役から優美で妖艶な女方、そして強烈な隈取で変化した姿まで、変幻自在にあらゆる役を演じる市川猿之助の魅力と、猿之助歌舞伎の奥深さをお伝えいたします。


■アンケートやお客様からの感想
・写真パネルは迫力があり、見ごたえがありました。(60代・女性)
・映像が分かりやすくてとても良かったです。(40代・女性)
・大好きな猿之助さんを学内で見られて最高です。期間中もう1回見に来ます。(10代・女性)
・京都には南座以外本格的な歌舞伎舞台がないと思っていたが春秋座を見て驚いた。今度は舞台を見に来たいと思います。(70代・男性)
・猿之助さんの今までの活躍や、映像による「四ノ切」の舞台裏が観ることができ嬉しかったです。(50代・女性)
・躍動感溢れる時間を体感しました。内装の朱色に輝く写真展示がとても美しかったです。若い世代を含め、幅広い層に興味を持ってもらえる催し物だと感じました。(20代・男性)


■開催にあたり市川猿之助のコメント
「この劇場は第1回の亀治郎の会をやらせていただいた、縁のある場所で、今回このような催し物を、しかも顔見世公演の同時期にやらせていただき、大変嬉しく思っています。何よりも今を大事に生きている自分にとって、このような過去を辿ってきたんだなと改めて認識できる場となりました。私が春秋座の芸術監督になることによって、学生や劇場の起爆剤となっていきたいと思います。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング