アシスト、エンタープライズ・データベース「Postgres Plus Advanced Server」新バージョン9.3の各種支援サービスを提供開始

@Press / 2013年12月5日 12時0分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、世界で1,000社以上で利用されているデータベース製品「Postgres Plus Advanced Server」(開発元:EnterpriseDB Corporation/エンタープライズDB株式会社)の新バージョン9.3に対応した各種支援サービスの提供を本日付けで開始します。

 アシストでは、コスト削減などを目的とした商用RDBMSとオープンソースRDBMSの適材適所での使い分けや商用RDBMSからの移行、また、運用管理に優れたオープンソースRDBMSを求める顧客企業からのニーズに応えて、2011年10月より、性能、可用性、信頼性に優れたオープンソースRDBMSである「PostgreSQL」をベースとし、エンタープライズで必要なRDBMS機能や運用管理ツール、ユーティリティが充実したサブスクリプション・ライセンスの「Postgres Plus Advanced Server」を提供しています。

 2013年11月19日に発表された「Postgres Plus Advanced Server 9.3」は、同年9月にPostgreSQL Global Development Groupがリリースした、DWH機能とミッションクリティカル・システム向けの信頼性が強化された「PostgreSQL 9.3」をベースに開発されています。「Postgres Plus Advanced Server 9.3」では数百〜数千の大規模なパーティショニングされたテーブルの性能改善がなされ、参照(SELECT)テストでは 前バージョンのPostgres Plus Advanced Server 9.2と比較し性能が75倍に、また1,000パーティションにまたがる100万行のデータ投入(INSERT)テストでは400パーセントの性能改善が確認されています。さらに「Postgres Plus Advanced Server」の管理機能で新バージョンとなる「Postgres Enterprise Manager 4.0」では、カスタマイズ可能な監視ダッシュボードが実装され、複数のPostgreSQL、Postgres Plusのデータベース環境を簡単に運用監視することができるようになりました。

 アシストは、この「Postgres Plus Advanced Server 9.3」を活用しミッションクリティカル・システムへの導入を支援する「パーティション設計サービス」と、「Postgres Plus Advanced Server 9.3」への移行により同製品の機能をフルに活用できるよう支援する「データベース移行支援サービス」の提供を開始するとともに、今後も「Postgres Plus Advanced Server 9.3」の技術を活用するためのサービス拡充を図っていきます。

@Press

トピックスRSS

ランキング