ペーパーレス会議「RICOH Smart Presenterシステム」、iPad / iPhoneに加え、Windows(R)環境での利用にも対応

@Press / 2013年12月19日 11時0分

RICOH Smart Presenterシステム概念図
株式会社リコー(社長執行役員:三浦 善司)は、2013年12月19日、ペーパーレス会議「RICOH Smart Presenterシステム」の機能を強化しました。Windows(R)環境でも利用可能となります。

「RICOH Smart Presenterシステム」詳細
http://www.ricoh.co.jp/software/other/smartpresenter/


RICOH Smart Presenterシステムは、iPadやiPhone上で資料の共有・閲覧資料ページの同期・ページ内での拡大・書き込みを可能にするシステムです。同システムでは、企業や自治体向けの本格的ペーパーレス会議用に、これまでも専用サーバーで運用する「RICOH Conference Center」を提供してきましたが、従来からサポートしていたiPad、iPhoneなどのタブレット端末に加えて、今回はWindows(R)用ブラウザからも利用できるようになりました。普段業務でお使いの環境そのままに、紙の資料を事前に印刷し配付する従来の会議からペーパーレス会議へとスムーズに移行ができます。会議のために共通のデバイスを準備する必要もなく、導入コスト・運用コストの削減も可能になります。
このほか、登録可能資料数増加や拡大縮小操作の連動などシステムそのものの機能強化もあわせて図っています。

さまざまなデバイスで参加できるRICOH Smart Presenterシステム イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/41529/a_1.jpg

<主な強化ポイント>
・iPadやiPhoneと同じようにWindows(R) PCでもペーパーレス会議に参加することが可能になりました(発表者は閲覧資料ページの操作が、参加者は資料ページの閲覧などが可能です)。
・発表者の拡大・縮小の操作が参加者の手元の画面やプロジェクターの画面表示にも連動します。
・会議の資料として登録できる件数が50件になりました(従来は10件)。
・ユーザーインターフェースは、従来からの日本語と英語に、中国語・ドイツ語・スペイン語・フランス語を追加し、海外拠点との会議でも使いやすくなりました。Web会議等の画面共有よりもクリアに資料が共有できます。


■「RICOH Smart Presenterシステム」について
RICOH Smart Presenterシステムは、デバイス(iPad / iPhone / Windows(R) PC)上で資料の共有・閲覧資料ページの同期・ページ内での拡大・書き込みを可能にすることで、ペーパーレスの会議やプレゼンをスムーズに行えるシステムです。発表者や会議参加者はデバイスに関わらず資料を共有することができ、会議やプレゼンの際に、資料の印刷や配付・回収をする必要はありません。発表者がページをめくると、参加者の手元資料も連動してページがめくられるほか、表示資料の拡大縮小も自由に行えます。発表者のデバイスからリコー製プロジェクターへのワイヤレス投影も可能です。
同システムは、Windows Server(R)上で動作するRICOH Conference Centerと、iPad / iPhone(iOS)上で動作するアプリケーションRICOH Smart Presenterから構成されます。RICOH Smart Presenterは2011年10月に公開して以来、30万ダウンロードを超えつつあり、多くの皆様にご愛用いただいております。
RICOH Smart Presenter(無償)のみでも、サーバー不要のペーパーレス会議を手軽にお試しいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング