住民主導のコミュニティ形成イベント「住民文化祭」開催~ “いざという時に助け合える”共助型マンションをつくる ~

@Press / 2014年1月31日 11時30分

子どもも大人も楽しめる音楽会
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表取締役社長:石塚 和男、本社:東京都千代田区、以下 つなぐネット)は、特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクールなどと共同で、マンション住民同士での交流を活性化するプログラム「第2回 住民文化祭」を、東京都江東区の大規模マンションにて2013年11月30日(土)に開催しました。

つなぐネットでは、運営するマンション生活情報サイト「マンション・ラボ」にて、放課後NPOアフタースクールとともに、マンションでのコミュニティづくりサポートする「マンションアフタースクールプロジェクト」を発足(2012年)。
「住民文化祭」は、このプロジェクトの『マンション居住者自身でコミュニティづくりができるプログラム』として企画され、第1回を2013年4月に開催しました。

「第2回 住民文化祭」は、第1回よりもマンション主導型へとステップアップし、マンション住民が実行委員として、定期的に企画や運営について意見交換を行い準備を進めました。

当日は、マンションエントランスに特設スペースを設置し、住民が準備から開催まで主体的に行いました。個性の異なる参加型イベント6つが行われ、“子どもから大人まで”世代を越えた交流が広がりました。


■防災意識が薄れる中で求められるコミュニティづくり
東日本大震災以降、マンションでも防災・防犯などの面においてコミュニティの大切さが再認識されました。つなぐネットの意識調査でも、「防犯、防災力の向上につながるから」、「助け合いがうまれるから」、「トラブルの防止につながるから」という理由から『マンションでの交流(ご近所づきあい)』を「必要」とした人は全体の82%にまで上りました。(※1)

一方で、2013年 経済広報センターの調査では、2人に1人は「最近は徐々に防災への意識が薄れている」という回答結果が出ました。防災意識が薄れてきた理由として「テレビや新聞、ラジオなどで防災情報を見聞きする機会が少なくなった」ことなどがあげられています。(※2)

世間全体の防災意識が薄れつつある中、いつ起きるかわからない災害に備えるため、楽しさを共有して生まれる自然なコミュニティづくりが求められていると言えます。

※1 マンション内のご近所づきあい・コミュニティ形成に関する意識調査
http://www.tsunagunet.com/info/2012/0417.html
※2 災害への備えと対応に関する意識・実態調査報告書 - 経済広報センター

@Press

トピックスRSS

ランキング