全国の主要大学が公式に利用する初の留学生向け求人情報共有システム「留学生就職支援ネットワーク」が企業求人登録を無料で受付開始

@Press / 2013年12月12日 9時30分

「留学生就職支援ネットワーク」サービスイメージ
 一般社団法人留学生支援ネットワーク(東京都千代田区、代表理事:モンテ・カセム)は、経済産業省・文部科学省が実施した「アジア人財資金構想事業」の終了に伴い、アジア人財資金構想プロジェクトサポートセンターの自立化事業として2013年10月に設立されました。そしてこの度、大学における留学生の就職支援のサポートを目的とした「留学生就職支援ネットワーク」の運用をスタートし、企業からの求人登録を無料で受付開始いたしました。

留学生就職支援ネットワーク: http://www.ajinzai-sc.jp/


【システムの特徴】
(1) 大学公認の留学生就職支援ネットワーク
 現在、多くの大学が、ノウハウ不足、財源・人的資源の不足などを理由に、留学生に特化した就職支援が行えない状況にあります。
 本ネットワークは、従来のような不特定多数の留学生へ採用情報を提供する仕組みではなく、大学における留学生支援のサポートを行う目的で運営されています。全国の大学が公式に本システムに加入し、在籍する留学生や教職員が留学生支援のツールを共有する、大学をネットワーク化した就職支援システムです。
 現時点で、国公立大学を中心とした49校(国公立大学38校、私立大学11校)が参加しています。(2013年10月1日現在)

(2) 教育的支援及び公共性を目的とした運営
 本ネットワークは、留学生が日本で就職活動を行うために必要となる教育的支援を目的として運営を行っています。教育的支援のコンテンツについては、アジア人財資金構想事業において実証された高い就職率に裏付けされたノウハウ・知見を蓄積した、就職活動の方法・ノウハウ、ビジネスマナー、ビジネス日本語教育等のe-learning教材を提供しています。
 また、本ネットワークは公共性を担保した運営を行うために一般社団法人留学生支援ネットワークにおいて産官学の支援のもと運営しております。

(3) 無料で求人情報・会社説明会情報を掲載
 企業においては、進出国の事情や言語に明るい留学生を採用したい、特定の専攻の留学生を採用したい等のニーズがありながら、採用の仕方や手法が分からない等の理由により、留学生採用が進んでいないのが現状です。
 このような背景を踏まえ、本システムでは日本、日系企業の留学生採用の活性化のために無料で企業の採用情報、会社説明会の情報を掲載することが可能です。


【システムの概要】
■名称
留学生就職支援ネットワーク

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング