学習到達度調査(PISA2012)の結果を受けて

@Press / 2013年12月11日 16時30分

公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、この度、学習到達度調査(PISA2012)の結果を受けて、下記のとおり考察いたしましたので、お知らせいたします。

図表1・2・3
http://www.atpress.ne.jp/releases/41573/a_5.pdf


2013年12月4日、OECDが2012年に世界65か国・地域で15歳の生徒を対象に実施した学習到達度調査(PISA2012)の結果が公表されました。今回の調査では2003年調査と同様、数学的リテラシーに関して多くの問題が出題されており、数学的リテラシーの傾向を見るには重要な調査といえます。日本は2003年から2006年にかけて平均得点が低下しましたが、その後は平均得点、順位とも上昇してきています。たとえば、2003年、2006年、2009年、2012年のOECD加盟国の中での順位(参加国・地域の中での順位)は、4位(6位)、6位(10位)、4位(9位)、2位(7位)と上昇してきています。それは、レベル1以下の下位層の割合が減少し、レベル5以上の上位層の割合が増加していることによると思われます。しかし、記述式問題については、正答率が低く、無解答率が高いことが依然として課題となっています。
(図1 平均得点及び順位の推移)

2003年以来2回目の質問紙調査が実施されています。そのうち、「学校における学習環境(数学の授業の雰囲気)」については、国際平均に比べ、各指標で5ポイントから20ポイントよい状況にあります。しかも、2003年に比べ、いずれの指標も5~10ポイント程度上昇しています。
(図2 数学の授業の雰囲気)

これに対し、数学的リテラシーに影響を与える学習意欲等の変化については、国際平均と比べると20ポイントから40ポイント低くなっていて依然として課題があります。しかし、2003年の場合と比べて、「数学の学習に対する不安」や「数学における自己概念(よい成績をとっている)」についての割合には変化が見られませんでしたが、「数学に対する興味・関心や楽しみ(授業が楽しみ)」、「数学の道具的動機付け(学びがい)」、「数学に関する自己効力感(自信)」についての割合ではそれぞれ20ポイント程度の上昇が見られ、改善のきざしが見えています。
(図3 日本の指標値の変化)


今回の結果は、生徒ならびにその指導に関わられたみなさまのご努力の賜であり、みなさまに敬意を表します。今後、より多くの生徒が、数学の有益性、楽しさを知り、数学の学びに主体的に取り組むことができるようになれば、数学の学びを通して、科学技術の進展、社会の発展に寄与できるために必要な基礎的な資質を確かに習得することができると確信しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング