ニスコム製DCIMソフトウェア「DC Smart Assist」を12月13日発売 ~国内初「インテル(R) バーチャル・ゲートウェイ」搭載、データセンターにおける次世代のサーバーマネジメントを実現~

@Press / 2013年12月12日 9時30分

画面イメージ
ニスコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾上 卓太郎、以下 ニスコム)は、インテル(R) データセンター・マネージャーおよびインテル(R) バーチャル・ゲートウェイを搭載し、データセンターにおけるIT機器のエネルギー管理と遠隔アクセスを統合する、DCIMソフトウェア「DC Smart Assist」の販売を12月13日に開始いたします。

製品ホームページ
http://www.niscom.co.jp/service/smart/data_center.html


電気料金の値上がりや継続的なIT機器の投資により、管理コストは増加の傾向にあります。多くのデータセンター事業者やデータセンターを利用するユーザー企業にとって、管理コストの削減は大きな課題となっています。サーバーの仮想化や高集積化が進む中、IT機器単位でのエネルギー使用量を詳細に管理し、最適化する事は必要不可欠になっています。

「DC Smart Assist」は、大きくニつの機能を有します。一つは、IT機器の電力および温度をソフトウェアベースで統合管理し、ラックやシステム単位で電力制御(パワーキャッピング)を行うエネルギー管理機能です。もう一つは、各IT機器への遠隔アクセスを、統一した画面で提供するバーチャル・ゲートウェイ機能です。利用者はこれらの機能を使って、ひとつのシステムで消費電力の削減とオペレーション効率の向上を実現します。

インテル コーポレーション、データ・センター・ソリューションズ事業部長であるジェフ・クラウスは「ニスコムのDC Smart Assistはニスコムがデータセンター業務で培ったナレッジと経験が機能に反映された製品である」と述べ、「DC Smart Assistは日本で初めてインテル(R) バーチャル・ゲートウェイを登載したソフトウェアとなる。これによりユーザーは、最大50のヴァーチャルKVMアクセスを通した、マルチベンダーサーバーのアクセス統合を実現できる」とコメントしています。


●エネルギー管理機能
データセンターやフロア、ラック単位に、サーバー、ネットワーク製品、PDUなどのIT機器をグルーピングし、各機器の消費電力や温度をリアルタイムにモニタリングします。収集した情報は統計データとして出力が可能であり、機器単位の傾向分析を行うことで、省電力化に向けた対応を実現します。さらに、IAサーバーに対する電力制御(パワーキャッピング)にも対応しており、利用用途に応じてスケジュール化した電力抑制も実現します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング