日本初!iBeaconで、顧客行動を見える化するO2Oシステムを日本写真印刷が開発開始

@Press / 2013年12月16日 13時30分

メイン画像
日本写真印刷株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役社長:鈴木 順也)は、「iBeacon」を使った“顧客行動を見える化”するO2Oシステム「ストアビーコン」の開発を開始しました。
従来O2Oでよく使われているNFC(近距離無線通信)最大の弱点は、iPhoneで使えないことでした。
「ストアビーコン」は、O2Oの切り札と言われるiOS7の新機能「iBeacon」を採用することでその弱点を克服。

しかも、クーポン発行などのプロモーション機能に加えて、顧客のリアルな行動を“まるでネット解析ツールのように”把握することを目指しています。
例えば、従来把握することが不可能だった「通行人が実店舗に来店した人数や」、「来店者のリピート率」、「顧客の商品への接触率」などを測定することが可能となるように開発を進めていきます。

▼ストアビーコンの詳細へ
http://smartphone-ec.net/ibeacon/


■顧客の実店舗での行動を数値で把握
ネットではユーザーの行動を細かく分析できるのに、リアルでは何故出来ないのか?そんな問題意識から「ストアビーコン」の開発はスタートしました。

「ストアビーコン」では、iBeaconを使う上で必須となる、Bluetooth low energy(以下 BLE)の端末とアプリ用のAPI(サーバー)をセットで提供します。サービスを導入するには、店内に「ストアビーコン」のBLE端末を設置し、スマートフォンのアプリにAPIを組み込むだけです。
双方を合わせることで、プロモーションと連動したユーザーの実店舗での顧客行動を把握することを目指しています。

<ストアビーコンの機能例>
・周辺の歩行者がどのくらい来店したか
・顧客が店舗の中で、どの売り場を巡ったか
・来店者のリピート率や滞在時間
・店舗内で特定の商品への接触率


■行動をグラフィカルに見える化
「ストアビーコン」では、顧客の実店舗での行動を数値で把握するのはもちろん、グラフィカルな分析ツールをご提供します。
分析ツールによる見える化で、より直感的に店舗間の差異などを把握することを目指します。

▼ストアビーコンの詳細へ
http://smartphone-ec.net/ibeacon/


■iBeaconsとは
iBeaconsとは、iPhoneのiOS7に標準搭載されたことで、いま注目を集めているBLEを使った新技術です。
従来オンラインの告知から実際に店舗に誘導するO2O施策を行う場合、NFCが使われることが多くありました。しかし、NFCはiPhoneが対応していないためO2O全体が伸びなやんでいる状況となっています。
しかし、iBeaconsはiPhoneが標準対応し、BLEという汎用技術を使っているので、Android端末にも適用することが可能です。
このような経緯からiBeaconsは、O2Oの切り札として注目を集めています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

利用例アクセス解析ツール例ロゴ

@Press

トピックスRSS

ランキング