“ガツンと辛い!野菜がうまい!”『青唐(あおとう)うま塩ラーメン・復活祭』12月13日(金)より5日間限定で開催! 透明スープは“旨味”も感じるクセになる辛さ!

@Press / 2013年12月13日 12時0分

青唐うま塩ラーメン・復活祭ポスターイメージ
 半世紀以上も続く繁盛店「坂内食堂」(福島県喜多方市)を本店に持つ「喜多方ラーメン坂内」FC事業を展開する、株式会社麺食(本社:東京都大田区、代表取締役社長:中原 誠)は、毎冬大人気でリピート率の高い「青唐(あおとう)うま塩ラーメン」の『復活祭』を、12月13日(金)~17日(火)までの間、5日間限定で開催いたします。(40店舗)

 「青唐うま塩ラーメン」は、今年で5年目を迎え、冬の定番商品となりました。辛味の強い商品のため、食べられる方は限定されますが、一度食べると“クセ”になり、辛さと美味しさが印象強い商品です。インターネットでは、年間を通して、「坂内 青唐」「辛いラーメン」などで検索され、お客様からの支持の強い商品あることから、期間限定で「青唐うま塩ラーメン」を今年も2014年2月17日(月)まで販売します。更に、人気商品が帰ってきたことを記念し、『復活祭』と称して「青唐うま塩ラーメン」760円を、12月13日(金)から5日間限定で700円にて販売いたします。


≪青唐うま塩ラーメンとは≫
 “ガツンと辛い!野菜がうまい!!”がキャッチフレーズの「青唐うま塩ラーメン」。スープには青唐辛子と辛味大根、野菜は、冬野菜の代表である白菜を使用しており、見た目の優しい印象とは裏腹に、一口スープを飲めばガツンと真っ直ぐに突き抜ける衝撃の辛さが、身体を温めてくれます。そして、喜多方ラーメン坂内・小法師の特徴でもある、透き通ったスープにこだわり、「辛いものは赤い」というイメージを根底から覆しました。辛さの奥に感じる旨味と野菜の甘みが、ガツンとくる辛さをスッキリとさせ、何度でも口に運べる味になっています。


■青唐うま塩ラーメン・復活祭
開催期間:2013年12月13日(金)~12月17日(火)
内容  :青唐うま塩ラーメン760円(普通盛)を5日間限定で700円にて販売

<開催店舗>
[東京]  大手町店・京橋店・内幸町ガード下店・汐留シティセンター店・
     五反田駅前店・恵比寿店・渋谷並木橋店・四谷店・歌舞伎町店・
     新宿パークタワー店・池袋サンシャインシティ店・大塚店・
     初台店・笹塚店・練馬店・練馬中央店・高円寺北口店・
     多摩センター店・曳舟店・木場店・住吉店・大森店・大森東口店
[岩手]  水沢店
[新潟]  吉田店
[栃木]  宇都宮店
[埼玉]  川口東口店
[茨城]  潮来店
[千葉]  市川店・本八幡店
[神奈川] 石川町店・金沢文庫店
[静岡]  三島店
[愛知]  豊川店
[三重]  諏訪店・四日市店・四日市駅前店・鈴鹿店
[大阪]  針中野店
[高知]  六泉寺店

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング