2連覇!Campaign Asia Pacific誌主催「2013年 エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」Isobar Japanが“デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー”金賞を受賞

@Press / 2013年12月13日 16時30分

アジア最大の広告・マーケティング誌、「キャンペーン・アジア・パシフィック」主催のアワード「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」にて、Isobar Japan(所在地:東京都千代田区、代表取締役:内永 太洋)が、北アジア地域で“デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー”金賞を2年連続で受賞いたしました。

当アワードは、オーストラリア/ニュージーランド、中国圏、南アジア圏、北アジア圏、東南アジア圏の各地域別に、広告/コミュニケーション・ビジネスにおける実績をキャンペーン・アジア・パシフィック誌が、独自に評価するものとして今年で20回を迎えます。
12月11日にシンガポールにて受賞式が行われ、Isobarはアジア太平洋地区全体で今年も9つの賞を獲得しました。


【Isobar Japan】
Aegis Media JapanがIsobar Japanの前身となる株式会社Filefixと資本提携することで2011年7月に設立。
デジタル・エージェンシーとしてアジアですでに拡大しているIsobarネットワークの持つブランドと戦略を日本市場で展開。戦略、クリエイティブ、テクノロジ―を融合させ、ROI最大化の為のデジタル・コミュニケーションを創造し続けており、ミッションである“Idea without limits”を日本で体現している。
URL: http://www.isobar.jp


【サービス概要】
Isobar Japanは急速に拡大・変化し続けるデジタル分野で、世界中のテクノロジーを集結し、戦略設計・クリエイティブ・システム構築・メディアプランニング・分析・コンサルティング・アプリケーションサービスと、クライアントをフルサポートするデジタルマーケティングのプロフェッショナル集団です。
Aegis Mediaのグローバルネットワークを活用し、日本だけではなく世界を視野に入れたサービス展開を行っています。


【参考】
Agency of the Year 2013: http://www.aoyawards.com/
当アワードは、1年間にエージェンシーとしてデジタルコミュニ―ションへの新しい挑戦、企業の業績、ビジネス獲得などの成長や、社員・社会への取り組みなどの会社活動が総合的に評価されて、与えられる賞です。


【英語版リリース(English version)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/41665/a_5.pdf

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング