日本電業工作が、業界トップの低消費電力(2.5W/3.5W)特性の土木・建設業界向け無線LAN機器「おくだけWi-Fi」を開発 家入氏基調講演を含む「工事現場のワイヤレス化セミナー」を開催

@Press / 2013年12月16日 10時0分

図1・2
 日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本 眞、略称:DENGYO)はこの度、土木・建設業界向けに業界トップの低消費電力特性の小型・自立電源を利用した長距離無線LANとWi-Fiアクセスポイントの両用パッケージ「FalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」を開発、「現場の助っ人シリーズ」として展開していきます。
 この低消費電力無線機は、無線機の設定を変更することにより長距離無線LANとアクセスポイントでの切替が行える為、アンテナ専門メーカならではの高機能アンテナを組合わせることにより8km(※)以上離れた地点に半径800m(※)のWi-Fiエリア化を可能にします。

(※)当社実証実験による


【背景】
 土木・建設業界でのタブレット端末の利用などIT化のニーズは高くなっていますが、造成中の工事現場や土木現場などではWi-Fiエリア化や電源確保、通信設備の複雑化により、なかなか整備が進まず、電波の不感地が課題となっています。電源が受けられない場合には、工事現場事務所などに移動しなければならず、現場のムダが発生している現状にあります。


【製品の概要】
 「現場の助っ人シリーズ・FalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」は、長距離無線LANシステム「FalconWAVE(R)2.4G」をベースに、自営のアクセスポイント化がワンパッケージで実現できるシステムです。
業界トップの2.5Wという低消費電力特性を活かし、工事現場での電力事情に応じて、ソーラーパネルによる完全自立運用や、小型バッテリーによる長時間運用、商用電源による運用と3種類の電源に対応します。Wi-Fiエリア化パッケージでサービスが受けられる範囲は無干渉状態のフィールドにて半径800mまで可能となります。
http://www.atpress.ne.jp/releases/41667/1_1.jpg


【製品の特長】
1.業界トップレベルの低消費電力特性
 徹底した省エネ設計と不必要な機能の見直しにより低消費電力と長距離伝送を実現しており、業界トップの消費電力2.5Wにより小型のソーラーパネルや小型蓄電池での運用が可能です。なおかつ工事現場のご利用環境下で、アクセスポイント機能と長距離中継機能の切替作業が可能となります。
http://www.atpress.ne.jp/releases/41667/2_2.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング