ジャドマ通販研究所調べ 「贈り物選びで相手の好みをSNSで検索」若年層で盛んに

@Press / 2013年12月13日 18時0分

「贈り物選びで相手の好みをSNSで検索」若年層で盛んに
公益社団法人 日本通信販売協会(=JADMA、事務局・東京都中央区、佐々木迅会長、正会員509社:11月末現在)では、設立30周年を記念して、「ジャドマ通販研究所( http://www.jadma.org/tsuhan-kenkyujo/ )」を開設し、通信販売に関する調査レポートを定期的に発表しています。このたび調査レポート第三弾として、「贈り物と通販に関する消費者実態調査」をテーマに、インターネットリサーチにて、全国の15歳~69歳の男女を対象に、2013年11月8日~11月11日の4日間で調査を行い、計1,000の有効サンプルを得ました。


~贈り物購入シーンでの通販利用実態~
通販利用率は?ネット通販が贈り物に与えた影響は?

テレビやラジオ、カタログ、インターネットなどの媒体を通じて様々な商品を探すことのできる通販は、現代人の買い物のあり方を変革しましたが、“贈り物”の購入で通販を利用する人はどの程度いるのでしょうか。また、実際にどのような贈り物で通販の利用が進んでいるのでしょうか。

◆2人に1人が贈り物を通販で購入した経験あり

全国の15歳~69歳の男女1,000名(全回答者)が贈り物を通販で購入したことがある割合をみると、2人に1人の割合(51.8%)で経験があることがわかりました。性別・年代別では、女性(57.4%)や30代(65.9%)、40代(61.7%)、50代(61.7%)の割合が高くなっています。割合が低かった10代でも3人に1人(32.5%)は経験があり、贈り物を購入する際に“通販”という方法を選択することは、珍しいことではないことがわかります。

◆最も多くの人が購入したことがある贈り物は「誕生日プレゼント」

全回答者(1,000名)に、これまでに“購入したことがある”贈り物を複数回答形式で質問したところ、「誕生日プレゼント」(83.2%)が最も高く、「母の日のプレゼント」(71.0%)、「クリスマスプレゼント」(61.9%)が続きました。

◆毎年贈る物は通販で購入?通販購入経験率「お歳暮・お中元」「誕生日」「母の日」で3割台

同様に、これまでに“通販”で購入したことがある贈り物を複数回答形式で質問し、各贈り物の購入者の通販購入経験率を算出(通販で購入したことがある人数÷購入したことがある人数)したところ、「お歳暮」(33.5%)、「誕生日プレゼント」(33.4%)、「お中元」(33.1%)、「母の日のプレゼント」(32.5%)では通販購入経験率が3割台で上位に挙がりました。主に、“毎年贈る時期が決まっている”贈り物において、通販利用が進んでいるようです。また、そのほかには、「(記念日などの特段の理由がない)何気ないプレゼント」が2割半(24.2%)となったことも見過ごせません。

@Press

トピックスRSS

ランキング