世界遺産となった「和食」に迫る!決定版書籍『和食の知られざる世界』が発売

@Press / 2013年12月17日 10時30分

辻芳樹「和食の知られざる世界」
辻調理師専門学校など、東京・大阪・フランスに食のプロを育成するスクールを持つ日本最大の“食”の教育機関「辻調グループ」(大阪市、校長:辻芳樹)は、このたび、辻芳樹著『和食の知られざる世界』を2013年12月14日(土)より新潮社から発売した。


12月4日、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録された。「和食」と聞くと、味噌汁や煮物のような、いわゆるおふくろの味、もしくは郷土料理や懐石料理を想像してしまうが、今回、世界遺産になった「和食」は日本料理そのものではない。季節の美しさを皿の上で表現する技法や、年中行事との密接な結びつきなど、日本人の食における様々な社会的習慣を指すそうだ。つまり、私たちの日常に溶け込んでいるカレーライスやラーメン、ナポリタンのように日本独自の変化をたどったメニューも「和食」という定義で登録されたという。

では、カリフォルニアロールは「和食」なのだろうか?その疑問に答えてくれ、日本人も知らない「和食」の魅力を分かりやすく解説した書籍が、この『和食の知られざる世界』である。著者は、世界3大料理学校に数えられる辻調グループの代表・辻芳樹。料理研究者として知られる辻静雄を父に持つ著者は、幼い頃から味覚の英才教育を受けるとともに、海外のトップシェフたちとの交流を通じて世界の食を研究してきた。その集大成として、本書ではグローバルな視点から見た「和食」の世界を紹介している。

なぜ世界遺産たりうるのか?なぜ世界の一流シェフたちを魅了するのか?料理を最高の状態で味わうコツとは?良い店はどこが違うのか?歴史的変遷から、海外での成功例や最先端の取組みまで、世界の食を俯瞰的に見つめ続けてきた著者だからこそ書けた「和食」の真実であり、日本の食文化の未来に向けたメッセージが詰まっている。


書名:『和食の知られざる世界』 (辻芳樹 著)
定価:720円(税別)
頁数:224ページ
発売:2013年12月14日(土)
発行:新潮社
※2014年1月15日(水)19時より、代官山 蔦屋書店にて出版記念トークイベントが開催される。

http://www.tsujicho.com/
http://www.shinchosha.co.jp/book/610550/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング