インドに於ける糖尿病患者と予備軍への大麦普及の可能性と販売展望について ~在印日本大使館での天皇誕生日レセプションから事業スタート~

@Press / 2013年12月19日 11時0分

 精麦加工の最大手である株式会社はくばく(本社:山梨県南巨摩郡、代表取締役社長:長澤 重俊)は2013年インドに於ける糖尿病患者と糖尿病予備軍への大麦普及の可能性を感じインド市場での販売をパナソニックAPインディア社、ラディッタ社と共に開始するため12月中旬より本格的に商品輸出を開始致します。


1.背景
 大麦は太古から栽培された穀物であり現在も約1億3千万トンも生産されるメジャーな穀物です。大麦には昨今不足が認識されている食物繊維、特に水溶性食物繊維(β-グルカン)が豊富であり、様々な健康効果が証明されて来ています。アメリカ、ヨーロッパを始め大麦に健康強調表示を認める国も多くあります。しかし残念ながら世界の用途は醸造用と飼料用に利用されることが大半であり、ほとんど人間の食用に供されることはないのが現実です。
 当社は、この素晴らしい食材・大麦を食べやすくしてより多く食べていただき、健康になってもらいたい、という思いをもって事業を続けてまいりました。昨今、大麦の血糖値上昇抑制に対する効果が証明されたため、この機能を広く知っていただき、糖尿病で苦しむ方のお役に立ちたいと考えております。


2.経緯
 2012年5月にはくばく社長・長澤はインドでの糖尿病が社会問題化していることを知りました。あわせて、今後人口が増大し、大きな経済力を持つようになるこの国はお米が主食なので、日本の食文化でもある大麦ごはんでお役に立てるのであればこんなに素晴らしいことはない、と思い付きました。
 その後、インド・チェンナイを拠点にパナソニック社が炊飯器をインドで100万台/年販売し、大きな販売ネットワークを構築していることを知ります。そこで長澤は旧知のパナソニック幹部社員にお願いをし、2012年9月にパナソニックAPインディア・麻生社長にお会いできることになりました。その初回の商談で麻生社長には大麦の糖尿病に対する機能と可能性を理解いただき、パナソニック社としても健康、日本というブランド価値は重要である、ということで、一緒に大麦の普及をしていこう、という共通の目標を持ちました。
 その後、パナソニックAPインディア社、ラディッタ社にも協力いただき、インド向け大麦商品、メニューレシピなどを開発し、最初のロットを2013年12月中旬に輸出するに至りました。


3.今後の展開
 6,000万人以上いると言われるインドの糖尿病予備軍に対して、いかに「大麦の水溶性食物繊維が糖尿病に効くか」ということを認知していただき、実際の食生活に取り入れていっていただけるか、ということが重要です。
 その為にはくばくは、まずは富裕層、医療機関をターゲットにパナソニック社と共に認知活動を進めたいと考えています。糖尿病に対して効果がある商品が45ルピー/パック(70円程度)という値段で入手できる、ということは富裕層にとっては全く問題ない価格であり、この層に対して一番目立たない加工を施した大麦で拡販を目指します。富裕層に対しての情報発信は口コミをベースに考えており、SNSなどの活用が重要であると考えています。パナソニック社の炊飯器、グラインダーを使用する家庭は比較的富裕層であり、ターゲットが重なるため、パナソニック社のデモ販売、パンフレットへの掲載、PR会社などを通じて大麦が糖尿病に効く、という認知を広めていく予定です。
 一方、医療機関とのタイアップも重要視し、特に象徴的な医師を数名起用し情報発信していくことも念頭に入れております。医療機関のお墨付きを得ることができれば、力強い様々な展開が期待できます。まずは限られた経営資源を集中的に投下していくことを考えております。
 またこの過程で大麦をブランド化していくことも重要です。商品名を「Oomugi」とすることでオオムギという日本語の発音をブランド化していく一方で、在デリーの日本人医師 松丸 美砂子氏をインドにおけるブランドアンバサダーとして起用し、医療機関へのアプローチを積極的に進めて行く予定です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング