BIGLOBEがアジア、米国との海外接続バックボーンを強化~新たにシンガポール、香港へ接続、ロサンゼルスの帯域を拡大~

@Press / 2013年12月25日 10時15分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/info/2013/12/131225-1


BIGLOBEは、日本、シンガポール、香港を結ぶバックボーンネットワークを構築しました。また、米国ロサンゼルスへの接続において、帯域を6Gbpsから10Gbpsに拡大しました。これにより、BIGLOBE会員は、アジアや米国で提供されているソーシャルネットワークサービスやクラウドサービスなどが、より高品質で利用できるようになりました。

BIGLOBEでは、これまで海外へのインターネット接続を、大手通信キャリアのIPトランジットサービスを通じて実現してきましたが、海底ケーブルシステムを自ら調達することで、アジアや米国の事業者との直接接続を可能としました。これにより、通信遅延が改善し接続性が大幅に向上するとともに、IPトランジットサービスにかかるコストを抑制し、海外接続コストの削減を実現しました。


■バックボーンリスト
区間            帯域   海底ケーブル 提供事業者
アジア 東京~シンガポール 2.5Gbps C2C      Pacnet
    東京~香港     10Gbps  TGN-IA    Tata Communications
    香港~シンガポール 2.5Gbps SJC (注1)   PCCW Global
米国  東京~ロサンゼルス 10Gbps  EAC Pacific  Pacnet
    東京~サンノゼ   6Gbps  TGN-Pacific  Tata Communications


■インターネットエクスチェンジリスト
接続先          インターネットエクスチェンジ
アジア シンガポール   Equinix (注2)
    香港       HKIX
米国  ロサンゼルス   Any2
    サンノゼ     Equinix


また、アジアにおけるバックボーンネットワークは、本年12月12日にクララオンライン社とシンガポールに共同で設立した「FullRoute Pte. Ltd.」のインターネット事業基盤として提供します。


BIGLOBEはバックボーンネットワークの海外展開を推進することで、BIGLOBEを通じてインターネットをご利用いただくすべてのみなさまに、快適にインターネットが利用できる環境を提供してまいります。


                                 以上


(注1) 現時点ではAPCN2を利用しており、2014年1月中旬にSJCに変更予定
(注2) FullRoute Pte. Ltd.が契約

※ 記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング