住信SBIネット銀行株式会社、~お年玉に関する意識調査~2014年・お年玉の支払い総額、過去4年で最高お年玉の支払予定総額は27,328円

@Press / 2013年12月18日 17時0分

住信SBIネット銀行株式会社(URL:http://www.netbk.co.jp/、本社:東京都港区、代表取締役社長:川島克哉、以下「住信SBIネット銀行」という)は、住信SBIネット銀行の口座を保有する全国のお客さまに「お年玉に関する調査」を実施し、2,242人より回答をいただきました。

*********** アンケート結果概要 ***********

■ お年玉をあげる額が増える人「25.2%」、変わらない人「69.7%」
昨冬よりもお年玉をあげる額が「増える」と答えたかたが「25.2%」、「変わらない」と答えたかたが「69.7%」と、昨年の調査結果(「増える」25.4%、「変わらない」70.0%)とほぼ同程度の結果となりました。

■ お年玉をあげる額が増える理由、「あげる人の年齢が上昇したから」59.7%
お年玉をあげる額が増える理由を聞いてみると、「あげる人の年齢が上昇したから(59.7%)」「あげる人数が増えたから(28.2%)」といった自然要因が約88%を占める結果となりました。これは前年の調査結果(約86%)とほぼ同程度の結果になりました。

■ お年玉の支出総額、昨年の調査結果よりも「1,185円」増加、過去4年で最高
今冬あげるお年玉の総額の平均は「27,328円」となり、昨年の調査結果(26,143円)よりも1,185円増加しております。

■ 小学生に1,001円~3,000円、中学生に3,001円~5,000円、高校生・大学生(専門学校生含む)に5,001円~10,000円
あげる対象の一人あたりのお年玉の金額を聞いてみると、小学生(1年~3年)は、どの年代でも1,001円~3,000円の割合が最も多く、全体で4割強となりました。小学生(4~6年)は、20代から40代のかたが、1,001円~3,000円(4割半)、50代・60代のかたは、3,001円~5,000円(4割)という回答が多くなりました。中学生は、どの年代でも3,001円~5,000円(4割強)、高校生以上は、5,001円~10,000円(5割強)が最も多い回答となりました。

<総括>
今回の調査では昨年と比較して、「お年玉の支払い総額」は、「27,328円」と過去最高になりました。お年玉をあげる額が「増える」と回答したかたは、約25%となり、増加要因は、昨年同様「あげる人の年齢が上昇したから」が一番多い結果となりました。一方、「減る」と答えたかたは、5.1%となり、減少した要因として、「あげる人数が減ったから」が約65%と最も多くなりました。「節約したい、または貯蓄にまわしたいから」と回答した人は全体の約5%で、昨年(約14%)よりも9%程度下回りました。

≪アンケート調査概要≫
調査期間:2012年11月26日~11月29日
調査対象:住信SBIネット銀行の個人顧客
回答者数:2,242名
(内訳 20代:210人 30代:358人 40代:560人 50代:539人 60代:575人)
調査方法:インターネットアンケート
調査地域:全国


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング