コダック、印刷業界活性化のためITを活用した営業改革支援でソフトブレーンと協業 ~科学的アプローチで印刷会社の営業を改革し売上アップを支援~

@Press / 2013年12月24日 16時0分

 コダック合同会社(本社/東京都千代田区、代表執行役員社長 藤原 浩)と営業支援システムやコンサルティング、教育などのサービスを幅広く展開しているソフトブレーン株式会社(本社/東京都中央区 代表取締役社長 豊田 浩文 東証1部上場 4779)は、印刷業界の営業改革・営業力強化を支援していくため協業いたします。

 印刷産業はインターネット等のデジタルメディアの台頭により、従来の大量印刷、大量配布という手法から小ロット、多品種化が一段と進んでおり、印刷通販という新たなビジネスモデルが成長著しいなど大きな変革期にあります。商業印刷の主力マーケットである折り込チラシ、ダイレクトメール、フリーペーパーなどのプロモーションメディア広告市場は、2006年から2012年にかけて、合計で約2,929億円も縮小し、一方で、インターネット広告費は、同期間で約3,854億円も伸張しています。(出典:2012年日本の広告費 電通 http://www.dentsu.co.jp/books/ad_cost/2012/ )

 こうした多品種、小ロット、さらには厳しい価格競争といった急速な構造変化のなかで利益を確保するためには、印刷会社の営業が、従来の営業スタイルから脱却し、お客様の課題全般をサポートする提案型営業、マーケティング志向の営業スタイルへと移行することが重要な課題となっており、企業の成長を決定づける大きな要因となってきています。

 コダック合同会社は、こうした印刷会社が抱える課題を印刷関連機器・資材という製品だけでなく、経営改革という企業の成長に欠かすことのできない重要な側面からお客様の成長を支援することを目的に、企業の営業改革支援で豊富な実績を有するソフトブレーンが提供する質の高いサービスがお客様への強力な支援に繋がるものと考え、このたびの協業に至りました。

 ソフトブレーン株式会社の代表取締役社長 豊田 浩文は、このたびの協業に関して次のように述べています。
「コダックは、130年以上もの長きにわたりイメージングの分野においてトップブランドとしての地位を確立してきた革新的なメーカーです。そのコダックが、印刷産業の発展には、お客様である印刷会社様の営業の変革が最重要であるとの認識から、弊社が提供するサービスが最適であるとご判断いただいたことを大変喜ばしく思います。お客様である印刷会社の経営革新をご支援したいというコダックの熱い思いを受けて、弊社が提案する『営業を科学する』という基本思想をベースに、印刷会社が抱える課題を解決するための質の高い教育プログラムや業界に特化したCRMシステムをコダックのお客様にご提供してまいりたいと考えております」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング