バンガード、ディビッド サーマックを日本の代表取締役に任命

@Press / 2014年1月6日 15時0分

〔東京、2014年1月6日〕バンガードは2014年1月1日、バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社の代表取締役として、ディビッド サーマックを任命しました。

サーマックは2005年にペンシルベニア州マルバーンのバンガードに入社し、バンガード・ブローカレッジ・サービスのヘッドを7年間、バンガードのチーフ・ダイバーシティ・オフィサーを短期間務めました。

バンガードに入社する前はロイヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)に10年間勤務し、最後はミネアポリスのRBC Dain RauscherとニューヨークのRBC Capital marketsの2社の証券子会社で、米国のブローカレッジ業務のディレクターを務めました。また以前にはモルガン・スタンレー・グループに所属し、ニューヨークとルクセンブルクでグローバル・カストディ業務に7年間従事した経験もあります。

サーマックはサンダーバード国際経営大学院でMBA(国際マネジメント修士)を、コロラド大学で国際関係の学士号を取得しています。

サーマックは、2013年12月に辞任を発表したバンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社の前代表取締役の加藤 隆から職を引き継ぎます。

バンガード・インターナショナルのヘッド、ジム ノリスはこの人事について次のように述べています。
「加藤は私たちの日本事業の拡大に大きな役割を果たしました。私たちは、バンガードと顧客に対する彼の働きに感謝しています。」
「ディビッドは幹部としての経験と、私たちの顧客である日本の投資家のニーズへの理解の両面を兼ね備えています。彼の指揮の下、バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社は次なる段階へと成長を遂げることができるでしょう。」

サーマックは就任にあたって次のように述べました。
「ここ日本のチームに加わることを嬉しく思っています。そして日本におけるバンガードの事業の更なる拡大に私の経験を役立てたいと思います。バンガードの投資哲学、クオリティー、低コストでの投資の重要性を、より多くの日本の投資家の皆様に共有していただくことを楽しみにしています。」


◆バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社について
バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社は2000年に設立され、現在では機関投資家、投資信託・ETF販売会社を通じ、幅広い日本の投資家を顧客としています。バンガードは2013年に新たに16本の米国籍ETFを金融庁に届出し、日本の投資家を対象とした同社のラインアップは、米国籍ETFが25本(うち、個人投資家向けは12本)、および3本の米国籍投資信託となります。バンガードはアジア太平洋地域全体で1,000億米ドル以上(*)のファンドを運用しています。

@Press

トピックスRSS

ランキング