復興と風評被害対策を目的とした「いわき見える化プロジェクト」の一環として 復興支援感謝!“いわきの魚祭り”開催される

@Press / 2013年12月25日 18時0分

沿岸域での試験操業でも「見せます! いわき」(中央にしずちゃん)
福島県漁業協同組合連合会、いわき市漁業協同組合、いわき仲買組合、いわき市 見せます!いわき情報局 見せる課から成るいわきの魚祭り実行委員会では、「いわき見える化プロジェクト“見せます!いわき”」の一環として、12月17日(火)、新橋SL広場で、「復興支援感謝!“いわきの魚祭り”」を開催しました。

いわき市では、去る10月18日(金)に、沿岸性魚種を対象とした試験操業が始まり、震災後はじめて、沿岸域での漁業が復興へ向けて本格的な第一歩を踏み出しました。現在、その対象魚種は25種で、ミズダコ、スルメイカ、そして市の魚であるメヒカリなどが週に1回水揚げされています。

今回は、その試験操業の状況報告と風評払拭を目的に、ステージイベントやパネル展示が行われました。また、会場では、復興支援に対する感謝の意を込めて、いわき市で水揚げされたサンマのつみれ汁や市の魚であるメヒカリの唐揚げ各300食が試食用として道行く人々に無料で振舞われ、行列ができるほどの大賑わいとなりました。

特に、ステージでは福島県漁業協同組合連合会・代表理事会長の野崎哲より、試験操業開始以降、水揚げされた魚は、各種検査の結果、食品衛生法上の基準値を超える放射性物質は一切検出されていないこと、こうした検査を経た魚しか流通させないこと等が報告されました。

さらに、イベントには、いわき市とゆかりの深い南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代さん(出演映画『フラガール』の舞台がいわき市)も応援にかけつけ、会場を大いに盛り上げていただきました。しずちゃんからは、「いわきには公私にわたり何度も行ったことがあり、その度においしい魚を食べてきました。沿岸漁業の再開で、またおいしい魚を食べさせてください」というエールもいただきました。

なお、今回の主催者の一団体である見せます!いわき情報局 見せる課では、今後も、特設Webサイトや見せる課Facebookを活用し、試験操業にともなう各種放射性物質の測定データを提供するとともに、同市の水産業復興へ向けた取り組みについても積極的にPRしてまいります。


http://www.atpress.ne.jp/releases/41970/img_41970_1.jpg
沿岸域での試験操業でも「見せます! いわき」(中央にしずちゃん)

http://www.atpress.ne.jp/releases/41970/img_41970_2.jpg
いわき市産サンマのつみれ汁とメヒカリの唐揚げを求め長蛇の列ができる

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング