米iCAT社のホームシアター用PC「iCAT-HTPC-ExWシリーズ」が国内販売開始

@Press / 2014年1月7日 10時30分

製品画像
米iCAT社の日本総代理店 株式会社DEE(所在地:奈良県橿原市、代表取締役:前川 昌秀)は、iCAT社の高音質・高画質・高機能のネットワーク・メディアプレイヤー「iCAT-HTPC-ExWシリーズ」の国内販売を2014年1月20日より開始します。

「iCAT-HTPC-ExWシリーズ」ICAT HTPC Player
http://i-cat.biz/htpc.html


64bit Windows(R)8.1を組み込みOSに使用し、iCAT社の技術を用いてシステム全体のチューニングを施してOS,ハードウェアおよびアプリケーションの性能を限りなく引き出すことにより以下のような高性能を実現しました。その音質は専用機をも凌駕します。

●4K(3,840x2,160@60Hz)、3D対応の高画質性能
●DSD5.6やFLAC、PCMなどHigh Resolution音楽音源対応
●アナログ・デジタル出力に関して高音質性能の最大限向上

CD/DVD/BDなどのオプティカルメディア、HDD、USBメモリーなどや、NAS、クラウド上のコンテンツを高音質・高画質で楽しむことが可能で、高級CD/DVD/BDプレイヤーやネットワークプレイヤー、スマートTVなどの個別の機能を凝縮し多彩なコンテンツを楽しむことができます。AirPlay対応アプリケーションを利用して、本機にある音楽、映画、写真などのコンテンツを他の機器でストリーミングすることも可能です。

AVラックに収めることを前提に、スマートでかつシンプルにiPad,iPhone・Androidなどのスマートフォンおよびタブレットなどからリモート操作し、キーボード・マウスと言ったトラディショナルなデバイスを不要としています。


型名 :HTPC E5W-HD4K Elite
    HTPC E5W-HD4K
    HTPC E3W-HD4K
発売日:2014年1月20日
価格 :オープン価格


<主な特長>
本製品は、OS,ハードウェア、BIOS、ドライバーソフト、ソフトウェアまでiCAT社の技術をフルに投入し、高画質と高音質をシステム・チューニングにより実現させたホームシアター向けのHTPCプレーヤーです。

4K対応の本機は、音楽および動画再生のみならず昨今のデジタルカメラの高画質化に伴う静止画を高画質にかつ高速表示することが可能です。

負荷の大きなハイレゾ音源、非圧縮音源(ロスゼロ)、DSD5.6(DSF,DSDIFF)音源など64bitOSとパワフルなハード能力とともに最適化されたシステムは、32bit 192Kまでのアナログ・デジタル出力に対応しUSB-DACを必要としない音質を実現しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング