KLab Ventures、日本エンブレースへ出資

@Press / 2013年12月26日 14時0分

「メディカルケアステーション」サービス図
KLab Ventures株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:長野 泰和、以下KLab Ventures)は2013年12月26日(木)付で、株式会社日本エンブレース(所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:伊東 学、以下日本エンブレース)の第三者割当増資を引受致しました。
KLab Venturesは今回の増資引受を通じ、事業支援を実施致します。

■日本エンブレースについて
日本エンブレースは、医療・介護関係者向けヘルスケア専用SNS「メディカルケアステーション」を手掛けております。「メディカルケアステーション」は、現在ニーズの高まっている医療・介護・生活支援での連携ツールとして、広く医療・介護関係者に普及を図っております。

■「メディカルケアステーション」概要
現在、医療・介護領域では、院内外の医療スタッフ間や患者とのコミュニケーションなどで、タイムリーな情報共有のニーズが高まっております。他方、ICT(情報通信技術)環境やスキルの違いなどが原因で、組織間やシステム間の連携は必ずしもうまくいっていません。

「メディカルケアステーション」はこうした医療現場のニーズに対応した、医療関連施設(病院、クリニック、介護施設、薬局など)のためのソーシャル医療連携プラットフォームです。
「スマートフォンなどのモバイル対応」「誰でも簡単に利用できるタイムライン形式の情報共有」「セキュリティに配慮した『完全非公開型』SNS」などの技術を駆使して開発されています。

▼「メディカルケアステーション」サービス図
http://www.atpress.ne.jp/releases/42016/img_42016_1.jpg

※ VPN:バーチャルプライベートネットワーク
※ レセコン:レセプト(診療報酬明細書)作成コンピュータ
※ PACS:医療用画像管理システム

▼「メディカルケアステーション」連携イメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/42016/img_42016_2.jpg

既に全国の医師会や歯科医師会、薬剤師会、大手薬局チェーン、介護施設グループなどで医療介護連携に活用されています。またパートナー企業としては、電子カルテ・医事会計システム・訪問調剤システム・介護支援システムベンダーなどが参加意思を表明しています。

※「メディカルケアステーション」は、eヘルスコネクトコンソーシアム(理事長:国際医療福祉大学大学院 特任准教授 成田 徹郎)が認定したソリューションです。ソフトバンクテレコム株式会社によるクラウド技術、営業支援と、JRCエンジニアリング株式会社によるサポート体制のもとで日本エンブレースにより開発・運営されており、3社共同事業として提供されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング