“材料費は2万円以下の筋電義手が大賞”「未来のふつう」を表彰するコンテスト「Gugen」、オープンギャラリーと授賞式を実施

@Press / 2013年12月27日 10時0分

Gugen大賞「筋電義手 “Handie”」
株式会社ピーバンドットコム(本社:東京都千代田区、代表取締役:田坂正樹)は、「未来のふつう」を具現化した自作ハードウェアを表彰するコンテスト「Gugen」の優秀作品を展示するオープンギャラリーを11月30日(土)~12月2日(月)に原宿のデザインフェスタギャラリーにて開催し、続いて12月7日には株式会社ミクシィの7Fイベントスペースにて授賞式を行いました。


「Gugen2013」には、ユニークかつクオリティの高い作品が、歴代最高の応募作品数となる205作品も集まりました。作品展の会場では期間中、Gugen実行委員会が選考した約30作品を展示するとともに、楽器系作品によるライブや会場内ライトアップイベントなども実施いたしました。さらに授賞式では、優秀作品の展示および作者による6作品のプレゼンテーションが行われ、大賞1作品と優秀賞5作品が決定いたしました。


見事に大賞を獲得したのは、大阪府からご応募いただいた「筋電義手“Handie”」。山浦博志氏(メカ)・近藤玄大氏(ソフトウェア)・小西哲哉氏(デザイン)の3名によるユニット「exiii」による作品で、安価ながらも機能的でスタイリッシュな未来の節電義手です。モーター数を最小限に抑えて3Dプリンタで造形し、情報処理を自作の節電センサーとスマートフォンで行うことにより、材料費を2万円以下に抑えて、しかもファッション性も兼ね備えています。

【作品紹介URL】 http://gugen.jp/nominate

このほか、以下の5作品(順不同)が優秀作品に選ばれました。

<作品名>Universal Earphone
<応募者>松村耕平
<作品概要>耳の左右を自動的に判別するイヤホン。ステレオ音声においてL・R両チャンネルが正しく左右に付けられたイヤパッドから再生される。

<作品名>自転車用キーレスエントリーシステム「eRing」
<応募者>M2Mテックキャンパス
<作品概要>鍵なしで自転車の施解錠を行える自転車用リング錠。iOSアプリと連携して自転車をシェアしたり、移動経路を地図上に表示したりできる。

<作品名>言葉の軌跡
<応募者>衣斐秀聽
<作品概要>蓄光塗料の上をヒーリーズでLEDを明滅させながら滑走することにより、軌跡に光の文字が浮かび上がるインスタレーション。


<作品名>PocoPoco
<応募者>首都大学東京 IDEEA Lab.
<作品概要>「押す」「掴む」「回す」といった演奏方法により、誰でも簡単にループミュージックを演奏・作曲できる新しい音楽インターフェイス。

@Press

トピックスRSS

ランキング