NPO法人理科カリキュラムを考える会 「シンポジウム 兼 第15回全国大会」を1月12・13日に開催~PISA2012の先に何があるのか?―日本の理科教育のとるべき道~

@Press / 2013年12月27日 15時30分

NPO法人理科カリキュラムを考える会(所在地:東京都小金井市、理事長:滝川 洋二)と東海大学教育開発研究所は、2014年1月12日(日)・1月13日(月・祝)に、アンドレアス・シュライヒャー氏(OECD事務総長教育政策特別顧問兼OECD教育局次長)を中継で講演にお招きして、シンポジウム「PISA2012の先に何があるのか?」を東海大学代々木キャンパスにて開催いたします。前回は150名を越える参加者があり、大いに盛り上がりました。

シンポジウム詳細URL: http://www.rikakari.jp/sympo/


【本会開催について】
 今回の大会のテーマは「PISA2012の先に何があるのか?―日本の理科教育のとるべき道」。PISA2012における日本の結果は、OECD加盟国34か国中、数学的リテラシー2位、読解力1位、科学的リテラシー1位と高い平均点を獲得しました。次回は科学的リテラシーに重点をおいたPISAテストが2015年に予定されています。そもそもOECD諸国は、PISAを通してどういった市民を育てようとしているのか?この基本的な疑問を検証するため、初日は清原 洋一氏(文部科学省初等中等教育局視学官)に基調講演、土佐 幸子氏(新潟大学・元ライト州立大学)からは、反転授業に関する講演、二日目はアンドレアス・シュライヒャー氏(OECD事務総長教育政策特別顧問兼OECD教育局次長)にインターネット中継での講演をしていただき、会全体として、PISAの方向性をふまえた日本の進むべき科学教育のあり方を議論していきます。
 また、小中学校の理科教育の課題についての研究発表や、放射線教育に関する実践の発表も行います。福島県内の学校で震災後に行われてきた放射線教育の実践から、これからの日本で必要されている科学教育を考え、課題である原子力・放射線教育について議論します。


【NPO法人理科カリキュラムを考える会 シンポジウム兼第15回全国大会 概要】
テーマ:「PISA2012の先に何があるのか?―日本の理科教育のとるべき道」
日時 :2014年1月12日(日)13:00~18:00・13日(月祝)9:00~16:30
会場 :東海大学代々木キャンパス(東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4)
講師 :アンドレアス・シュライヒャー、清原 洋一、滝川 洋二、高橋 和光、
    小佐野 正樹、佐々木 清、土佐 幸子、佐藤 克行、小川 慎二郎 他
主催 :NPO法人理科カリキュラムを考える会 東海大学教育開発研究所
協賛 :現在募集中
参加費:<事前申し込み(税込み)>
    一般…3,000円 会員…2,000円 学生…1,000円
    <当日申し込み(税込み)>
    一般…3,200円 会員…2,200円 学生…1,000円
    ※ 参加費は当日会場にてのお支払い
定員 :200名
シンポジウム詳細URL: http://www.rikakari.jp/sympo/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング