原発計画を住民の反対運動によって阻止した町を描いたドキュメンタリー映画 「シロウオ~原発立地を断念させた町~」2014年1月より公開

@Press / 2014年1月7日 9時30分

映画シロウオ イメージ1
今から30年以上も前 原発計画があったにもかかわらず、住民の反対運動によって原発計画を阻止した町(徳島県阿南市、和歌山県日高町)を取り上げたドキュメンタリー映画「シロウオ~原発立地を断念させた町~」を、2014年1月より公開いたします。
原発再稼働の問題が大きな争点となっている中 今後の日本社会のあり方を考えるきっかけとなる映像作品です。


チェルノブイリ原発事故や福島原発事故が起きる以前に、なぜ住民らは原発の危険性に気づき、原発マネーの誘惑を拒み、計画を中止に追いやることができたのか。反対運動にかかわった当時の住民十数名の証言を中心に約104分の映像にまとめました。日高原発の反対運動にも加わった京都大学原子炉実験所助教の小出 裕章氏も出演。また本作品は、ブロガー かさこの映画監督デビュー作品となっています。


・映画ご案内
http://www.kasako.com/sirouo.files/20140125.pdf

・映画紹介動画
http://www.youtube.com/watch?v=A6MZ7JLlfOI


■監督 かさこのコメント
2011年3月。日本社会の安全な暮らしを根底から覆した東京電力・福島原子力発電所事故が起きました。しかし福島原発事故が起きるはるか以前に、原発の危険性を感じて原発計画を追い出した町が全国に34カ所もあることを知り、衝撃を受けました。原子力が輝かしい未来のエネルギーとして宣伝されていた時代に、しかも原発の大事故が起きる前にもかかわらず、原発マネーを断ってまで、なぜ原発を拒否することができたのかと。34カ所のうち、5カ所も計画がありながら、1つも原発を作らせなかったのが和歌山県です。その中で日高町の原発計画反対運動に際し、紀伊水道をはさんで、徳島県の「蒲生田原発」計画に反対した人たちと連携したという話を聞き、本作品では和歌山県の「日高原発」と徳島県の「蒲生田原発」の反対運動に焦点をあてることにしました。
原発を拒否した町の人たちは、数十年も前になぜ原発事故を想定内のリスクと考えることができたのか。なぜ金銭的な誘惑を断固として拒否できたのか。原発反対運動に関わった人々にインタビューを行い、映像にまとめました。

私は東日本大震災発生後、福島を中心に被災地に足を運び、取材してきました。中でも2012年3月に福島原発20キロ圏内に入り、高放射線量で「死の町」と化した無人の町を見た時の恐ろしさは今でも忘れられません。我が家に帰れなくなった人の話を聞いた時、これは福島だけの問題ではなく、遠くない未来に誰もが起こりうる、他人事ではない話だとの思いを強くしました。
東日本大震災3・11の記憶は急速に風化しています。今後の日本社会のあり方や原発問題を考える上で、過去に原発立地を断念させた人々の想いが、参考になるのではないかと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング