エイチアイとゼットエムピー、コネクティッド・カーによる安心安全な運転を体感できるデモを展示

@Press / 2014年1月9日 12時0分

デモ概要※イメージ画像
株式会社エイチアイ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川端 一生、以下 エイチアイ)と、株式会社ゼットエムピー(本社:東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下 ZMP)は、2014年1月15日(水)~17日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される、車の電子化・電動化・軽量化の専門技術展である「オートモーティブ ワールド 2014( http://www.automotiveworld.jp/ )」において、共同デモ展示を行いますので、お知らせいたします。

<デモ概要>※イメージ画像
http://www.atpress.ne.jp/releases/42104/img_42104_1.jpg


ZMPのコネクティッド・カーソリューションのCAN転送車載器「カートモ(R)UP」や「カートモ(R)クラウド」を使用して、車から得られたCAN情報(エンジンの回転数、スピード、ハンドル回転角等)によって、車のメーター表示上でより安心安全な運転を体感していただけます。
今回展示するデモでは、複数のCAN情報の項目から車の状態を察知し、ハンドリングによる危険回避と、長い下り坂でのエンジンブレーキ不足による危険を判断し、メーター上に段階的な警告表示を行います。


◆ハンドリング
 ・スピードとエンジン回転数
 ・ハンドル角の状態

スピードとハンドル角の数値が一定以上のレベルに達した場合、警告を表示する。

◆下り坂
 ・エンジンの回転数が低い状態
 ・速度、車輪速が増加
 ・ブレーキの使用頻度増加

等をモニタリングし、下り坂での慣性走行のレベルを判断。

◆モニタリングCAN情報
 ・回転数
 ・車速
 ・四輪車輪速
 ・ブレーキ
 ・シフトレバー位置
 ・ハンドル切れ角

◆ハードウェア構成
 ・メインモニタ:インパネおよび警告を表示
 ・サブモニタ :ハンドルの状態や車体の状態をグラフィカルに表示

今後も、両社協力のもとに、ZMPのコネクティッド・カーソリューションとエイチアイのUI開発ツールや人間中心設計プロセスを加味したHMI開発手法を使用して、より安心安全に運転をできる車のHMIを提案するとともに、それらが簡単に構築できる仕組みを提供するための研究開発を進めてまいります。


<展示会概要>
開催展名:オートモーティブ ワールド 2014
     第2回 コネクティッド・カー EXPO[西4-14]
会期  :2014年1月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00終了)
会場  :東京ビッグサイト
主催  :リード エグジビション ジャパン株式会社
後援  :SAE International

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング