世界初“安全運転”をガイドする法人向けカーナビアプリ×テレマティクスサービス開始

@Press / 2014年1月9日 10時30分

構成図
株式会社スマートバリュー(本社:大阪市西区、代表取締役社長:渋谷 順)は、スマートデバイスと車両情報取得用無線LAN端末「CAR~Wi(R)(カーワイ)」(OBDコネクタ用無線LANアダプタ)を活用し、ドライバーの運転の利便性を向上させる法人向けカーナビ機能と、ドライバーの安全運転を多面的にサポートするテレマティクス機能を両立させた「CiEMS Navi」サービスを2014年1月14日(火)より開始します。
※「CAR~Wi(R)」は株式会社テクトムの登録商標です。

「CiEMS Navi」詳細URL
http://www.smartvalue.ad.jp/business/bs/ciemsnavi


同サービスは、世界で初めて、カーナビとテレマティクスの機能を両立させたスマホアプリとして実現させました。ドライバーのエコ・安全運転の推進に特化したカーナビアプリケーションとして、ドライバーの運転の利便性を向上させると共に、重大な企業リスクとなる車両事故を未然に防止します。


【エコ・安全運転を支援するカーナビアプリケーション】
「CiEMS Navi」サービスは、無線LAN端末にて車両のOBD(故障診断)コネクタから取得した情報をもとに、燃費、走行距離、走行速度などのデータを、スマートデバイスを通じて、自動的にクラウド上へアップロードします。
また、取得したリアルタイムの運転情報をもとに「音声による運転アドバイス」、「加速度メータ」、「瞬間燃費メータ」、「簡易成績表」など、ドライバー自身にエコ、安全運転を促すガイド機能を搭載しています。


【法人向けクラウド型カーナビとしての機能を充実】
ナビアプリとしては世界で初めて、GPSが届かない場所であっても、無線LAN端末からの速度データを元に、自立航法ができる機能を搭載しています。
法人向けカーナビとして通常機能に加えて、企業の管理者がドライバーに対し、1日の運行計画をPCから登録することができる「運行ルート指定機能」や、会社・部署単位で訪問先地点が共有できる「登録地点の共有機能」も搭載しております。

地図は常にサーバに読みにいくクラウド型のため、ハードウェアナビのように地図の更新作業は一切不要です。また、ソフトウェアサービスの利点を生かし、営業管理システムとのスケジュール同期や、配送システムとの同期など、さまざまな外部システムとの連携が可能です。
各企業様の業務に合わせてカスタマイズしたアプリケーションを提供することが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング