JMC、センターサーバの学校情報を守る「Hardlockeyスクエア2」を発売

@Press / 2014年1月9日 15時30分

教育の情報化を支援する、株式会社JMC(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:香月 誠一)は、学校情報セキュリティ用センターサーバ制御システム「Hardlockeyスクエア2(以下、本製品)」を、2014年度第1四半期に提供開始いたします。本製品は、ユーザーである自治体の全教職員の情報セキュリティを確保するHardlockeyスクエアに、重要情報の拡散を防ぐ「データガード機能」を搭載した新製品です。

本製品URL: http://www.jmc.ne.jp/service/hardlockey/square/index.html


【背景】
今まで小中学校に設置されていた校務情報を扱うファイルサーバは、最近では自治体のセンターサーバで一括管理する仕組みが主流です。校務情報には、児童・生徒の個人情報や機微情報、機密情報などが含まれます。ファイルサーバの集約に伴い、守るべきデータ量は膨大になり、教育委員会などの情報管理担当者の責任は増しています。一方、強固な情報セキュリティ体制を構築するには、教職員一人ひとりの情報セキュリティポリシーの遵守が必要不可欠です。セキュリティインシデントを引き起こす要因の一つが「データの不用意な複製や一部内容のコピー」です。これらの操作は、教職員の単純な作業ミスやセキュリティ意識の差などにより、誰でも行ってしまう可能性があります。


【製品概要】
本製品は、USBキーの抜き挿しだけで、全教職員がセンターサーバの学校情報を守れるシステムです。各学校の情報セキュリティポリシーに合わせて、細やかなアクセス制御が行えるため、自治体全体のセキュリティレベルを向上させることができます。ユーザーである教職員は、USBキーを使った操作だけで、安全に校務情報を扱うことができます。上記の背景を受けて搭載した「データガード機能」により、不用意なデータの拡散を防止することで、大切な校務情報のセキュリティをさらに強化しました。


【本製品の特徴】
<「データガード機能」が重要情報の拡散・流出を防ぐ>
指定フォルダ内のデータ利用に制限をかけて、不用意なデータの拡散・流出を防ぎます。制御する操作は、デスクトップやUSBメモリなどへの複製・コピー・印刷、一部テキストのコピー&ペーストです。学校長など一部ユーザーに限り、制限をかけないといった運用も可能です。

<情報セキュリティポリシーに合わせてアクセス制御ができる>
自治体の全教職員に対して、細やかなアクセス制御(フォルダやデバイス、インターネットの利用制限)が行えます。設定次第で、データ利用に関する情報セキュリティポリシーを、USBキーの抜き挿しだけでコントロールすることが可能となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング