ユニ・チャームと広島大学が共同研究 フィット性と吸収機能の高いナプキンを使用で「入眠と睡眠維持」が改善 ~日本睡眠学会 第35回定期学術集会にて発表~

@Press / 2014年1月16日 11時0分

「入眠と睡眠維持」 改良品と既存品の使用時の比較
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。2010年7月に日本睡眠学会 第35回定期学術集会にて、広島大学大学院総合科学研究科の林 光緒 教授と共同で、女性の生理用品の違いによる月経中の睡眠感比較についての研究を実施しました。近年の活動的な女性の増加で、質の良い睡眠が求められる傾向を受け、この研究成果についてご報告します。

「入眠と睡眠維持」 改良品と既存品の使用時の比較
http://www.atpress.ne.jp/releases/42205/img_42205_1.jpg


■研究の背景
近年、生活スタイルの変化や女性の社会進出に伴い、活動的な女性が増える傾向にあります。そのような女性は限られた時間の中で、しっかりと眠りたいため、「睡眠の質」にこだわる傾向にあります。
当社では、月経中の睡眠の変化を調べ、月経量とモレ不安が睡眠に及ぼす影響について、広島大学と共同で研究を行い、2008年6月に発表しました。当時の研究で、経血量の多い月経前半の2日間は経血がモレないよう寝返りや横寝を避け、できるだけ仰向けで寝ている人ほど睡眠の質が低下していることが明らかになりました。このことより、月経期と非月経期と比較すると睡眠時間は変わらないのに、経血のモレに対する不安から、特に月経前半2日間は顕著に睡眠の質が低下することが考察されました。さらにこの研究に続き、フィット性と吸収機能を改良した夜用ナプキンを使用することで経血量の多い時期の睡眠感がどのように変化するか、広島大学と共同で研究を行い、2010年7月日本睡眠学会 第35回定期学術集会にて発表しました。本リリースでは、2010年の研究成果についてご報告いたします。
当社では、学会発表後からも、生理用ナプキンの「厚さ」や「つけ心地」「経血のモレ」に対するニーズに応えるよう、現在に至るまで日々研究を続けています。


■研究の概要
対象:正常な周期で月経がある25歳~40歳 40名
期間:2007年1月~2007年8月
(経血量が多いとされる、月経1日目と2日目の2日間使用)
方法:
全体を2群に分け、P:改良品※1、Q:既存品(各2枚) を多い日の夜に3周期ずつ使用した※2。1周期ごとに絶対評価、P・Q各3周期使用終了後に相対評価を実施。
《毎朝起床時》OSA睡眠感調査票(MA版) ※3の記入
《毎晩就寝時》1日の生活日誌の記録、体調・気分・疲労に関する主観評価の記録、アクティグラフ※4による活動量の記録、月経中における生理用品の使用記録

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング