エイチアイの3Dグラフィックス描画エンジン「マスコットカプセル イラプションST」がJVCケンウッド製メモリーナビゲーションシステム「C9K2 V6 650」、「A9K2 V6 650」に採用

@Press / 2014年1月14日 12時0分

C9K2 V6 650画面イメージ
株式会社エイチアイ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:川端 一生、以下、エイチアイ)は、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:江口 祥一郎、以下 JVCケンウッド)製のメモリーナビゲーションシステム「C9K2 V6 650」「A9K2 V6 650」(以下 JVCケンウッド製メモリーナビゲーションシステム)に、エイチアイの組込み機器向けリアルタイム3Dグラフィックス描画ソリューション「マスコットカプセル イラプションST(MascotCapsule(R) eruptionST)(以下、イラプションST)」が採用されたことを発表いたします。


今回の採用にあたり、イラプションSTの特徴である、GPU(*)による高速な3Dグラフィックス描画処理をリアルタイムに最大限利用し、表現力の豊かなHMI(*)として3Dグラフィックスを活用することで、従来の高速レスポンスを維持しつつ、UIのリッチ化および高速描画処理の実現に貢献しております。


「C9K2 V6 650」(画面イメージ)
http://www.atpress.ne.jp/releases/42252/js_img_42252_1.jpg


イラプションSTは組込み機器環境下において、3Dグラフィックス描画処理の飛躍的な高速化と、多彩な3Dエフェクト機能の搭載により高い表現力を実現し、立体視にも対応したリアルタイム3D描画エンジンです。
また各種組込み機器のプラットフォームに対応しており、機器開発およびコンテンツ開発におけるクロスプラットフォームのニーズにも応えることができます。各バージョンのOpenGL ESをネイティブ層で完全に制御するため、Javaと組み合わせて使う場合には、Java層からのOpenGL ES制御の複雑さを軽減することができ、アプリケーションのコンパクト化、高速化などの品質向上と開発コスト削減が期待できます。

なお、イラプションSTを採用したJVCケンウッド製メモリーナビゲーションシステムは、マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡、代表取締役社長兼CEO:小飼 雅道)が2013年7月に発売した2013年モデルのショップオプションナビゲーションの商品ラインナップに採用されており、適用されるマツダ車の種類は多岐に渡ります。


エイチアイは、今後もイラプションSTをさまざまな機器への採用拡大を目指し、マーケティングおよびサポートに注力してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング