AvePoint、Microsoft SharePoint 2013 のハイブリッド環境に対応した新製品DocAve Governance Automation サービスパック(SP)4を発表~エンドユーザーによるサービス要求処理業務を自動化するソリューション~

@Press / 2014年1月14日 15時0分

IT管理者によってエンドユーザーに提供されるサービスカタログの一例
ソーシャル エンタープライズ コラボレーション プラットフォームに対するガバナンス・コンプライアンス運用管理ソリューションを提供するAvePoint(本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ)の日本法人AvePoint Japan株式会社(本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献、URL: http://www.avepoint.co.jp/ )は本日、SharePoint環境における管理サービスの自動化およびプロアクティブなガバナンスの適用を促進する、主力製品DocAve Governance Automation サービスパック(SP)4の日本国内における提供を開始しました。今回リリースされた最新版では、Microsoft SharePoint 2013 ハイブリッド環境に対応しました。

DocAve Governance Automationは、エンドユーザーが役割や業務内容に関連した管理要求を発行するためのサービス カタログを提供し、コンテンツの展開、移行、再構成を行うことができる他、ライフサイクルおよび権限管理要求を処理します。これにより、Microsoft SharePointの運用活用や導入を促進します。また、DocAve Governance Automationは監査、ブランディング、ライフサイクル管理、権限、ストレージ最適化の構成を要求に応じて自動的に適用するため、SharePoint環境に対して行われるすべてのアクションおよび変更が、企業内で定義されたSharePointのガバナンス ポリシーに沿ったものであることを保証します。


DocAve Governance Automation SP4に追加された主な機能は以下の通りです。

●Microsoft SharePoint 2013のハイブリッド環境をサポート ― Governance Automationの権限管理、展開、ライフサイクル管理、コンテンツ管理は、オンプレミスのSharePointとSharePoint Onlineの両方で利用可能です。新しいサイト、リスト、ライブラリのMicrosoft Office 365への展開を、ポリシーに準拠して実行します。オンプレミスのSharePoint 2013からOffice 365への移行も可能です。エンドユーザーが自身の持つ業務コンテンツの移行を、事前設定により自動化された承認プロセスを経て要求できるようにします。

●リクエスト対応フォーム ― エンドユーザーのビジネス要件に従ってリクエスト対応フォーム(フロー、ガイダンス)を自動生成することにより、ユーザーのビジネス ニーズに基づいた適切な要求フォームにユーザーを確実に誘導することができます。

●サイトの権限洗い替え ― サイト コレクションのビジネス オーナーに対して洗い替えタスクを自動的に生成し、ライフサイクルに沿った形でサイトやサイト コレクションにおけるユーザー権限の洗い替えを行うよう促します。また、権限洗い替えのプロセスにかかわるすべてのユーザーが行う権限変更に対してトラッキング、およびバージョン履歴の記録が行われ、監査証跡を残します。

●Policy Enforcer ― サイトを常時監視し、新規または既存のサイトに対して、DocAve Policy Enforcer ※1で設定したルールとプロファイルにより、ポリシーとコントロールが適切に適用されているかを巡回チェックします。ポリシー違反が存在した場合は、DocAve Policy Enforcerによって対象の設定および構成を自動的に補正します。

●一時的な権限 ― サイトやサイト コレクションの展開時に、ユーザーに、カスタム権限設定や一時的な(管理)権限を付与します。一時権限は設定された期日まで有効になります。

●拡張とカスタマイズ ― 既存の他のシステムとの統合や、NintexやK2などのサード パーティ製ワークフロー システムを用いた承認プロセスの自動化により、ガバナンス ポリシーを SharePointの枠を超えて適用します。また、作成したPolicy Enforcer の独自ルールやポリシーを、ルール作成 SDK(ソフトウェア開発キット)を活用して、40種類以上のイベント トリガーの中に組み込むことにより、企業のニーズに合わせ、変化し続ける情報アーキテクチャを構成することが可能になります。
AvePoint 技術部チーフ オフィサーである George Petrouは、「クラウドを使用しているすべての企業が、完全にクラウドに移行しているわけではありません。このため、SharePointのハイブリッド環境を導入している企業をサポートできることは、我々にとって重要な課題でした」と述べています。「企業にとって、自社のSharePoint サイトがポリシーに確実に準拠して運用されていることは必要不可欠です。Policy Enforcerとともに、Governance Automationは、企業のガバナンス要求に応えるための、欠かせない製品となることでしょう」。

Governance Automationは、データ保護、管理、ファイルシェア管理、ストレージ最適化、コンプライアンス、レポート、移行などの各モジュールで構成された DocAve 6ソフトウェアプラットフォームとともに使用することで、SharePoint セキュリティ管理・展開ツールとしての機能を最大限に発揮することができます。これにより、実際に施行したいポリシーと、企業内で自然発生的・慣習的に育ってきたガバナンス ソリューションとの差によって生じてしまったギャップを埋めることが可能になります。すべてのAvePoint ソリューションと同様、DocAve Governance Automation SP4では Microsoftに完全サポートされた手法およびAPIのみを使用しています。

AvePointは、2001年の設立以来88ヵ国で13,000を超える組織のコラボレーションをサポートしてきました。保護、管理、コンプライアンス、レポート、移行などを実現する強力な製品と24時間対応のグローバル サポートにより、AvePointはソーシャル エンタープライズ コラボレーション プラットフォームのためのガバナンス・コンプライアンス運用管理ソリューションを提供し続けています。

DocAve Governance Automation SP4は、2014年1月14日より日本国内でお求めいただけます。
SharePoint のガバナンスに関する詳細については、AvePointのウェブサイト( http://www.avepoint.co.jp/sharepoint-governance-automation/ )でご確認ください。

※1 DocAve Policy Enforcerについて
DocAve Policy Enforcerは、DocAve 管理センターモジュールに含まれた機能のひとつで、常時SharePoint 環境内のサイトを監視し、すべてのサイトに対して設定したポリシーとコントロールが適切に適用されているかを巡回チェックします。ポリシー違反が存在した場合は、対象の設定および構成を自動的に補正します。
http://www.avepoint.co.jp/sharepoint-administration-docave/


【会社概要】
AvePointはグローバルに展開する、実績あるIT/ソフトウェアのリーディング カンパニーです。2001年の設立以来、AvePointはグローバル マーケット リーダーとして、ソーシャル エンタープライズ コラボレーション プラットフォームにおけるエンタープライズ クラスのガバナンス・コンプライアンス運用管理ソリューションを提供し続けています。AvePointの顧客はFortune 500企業や政府機関を含めて13,000を超え、確実なコラボレーションを実現するソリューションを提供することで企業の求めるビジネスニーズに応えています。本社および主要な営業拠点をニュージャージー州ジャージーシティに置き、完全所有の子会社は米国、カナダ、オーストラリア、南アフリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、スイス、スウェーデン、日本、シンガポール、中国で展開しています。AvePointはマイクロソフト認定ゴールド アプリケーション開発パートナーであり、ゴールド認定 コラボレーション・コンテンツ パートナーおよび米国政府戦略パートナーシップ GSA プロバイダーです。

AvePoint Japan株式会社 Web サイト http://www.avepoint.co.jp/
Facebook公式ページ http://www.facebook.com/avepointjp


【製品に関するお問い合わせ先】
AvePoint Japan 株式会社 営業部
〒108-0074 東京都港区高輪 4-10-18 京急第一ビル11階
TEL : (03)6853-6300
Email: SalesJP@avepoint.com

ここに記載されているすべての製品名および会社名は各社の商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング