AvePoint、Microsoft SharePoint 2013 のハイブリッド環境に対応した新製品DocAve Governance Automation サービスパック(SP)4を発表~エンドユーザーによるサービス要求処理業務を自動化するソリューション~

@Press / 2014年1月14日 15時0分

IT管理者によってエンドユーザーに提供されるサービスカタログの一例
ソーシャル エンタープライズ コラボレーション プラットフォームに対するガバナンス・コンプライアンス運用管理ソリューションを提供するAvePoint(本社:米国ニュージャージー州ジャージーシティ)の日本法人AvePoint Japan株式会社(本社:東京都港区高輪、代表取締役:塩光 献、URL: http://www.avepoint.co.jp/ )は本日、SharePoint環境における管理サービスの自動化およびプロアクティブなガバナンスの適用を促進する、主力製品DocAve Governance Automation サービスパック(SP)4の日本国内における提供を開始しました。今回リリースされた最新版では、Microsoft SharePoint 2013 ハイブリッド環境に対応しました。

DocAve Governance Automationは、エンドユーザーが役割や業務内容に関連した管理要求を発行するためのサービス カタログを提供し、コンテンツの展開、移行、再構成を行うことができる他、ライフサイクルおよび権限管理要求を処理します。これにより、Microsoft SharePointの運用活用や導入を促進します。また、DocAve Governance Automationは監査、ブランディング、ライフサイクル管理、権限、ストレージ最適化の構成を要求に応じて自動的に適用するため、SharePoint環境に対して行われるすべてのアクションおよび変更が、企業内で定義されたSharePointのガバナンス ポリシーに沿ったものであることを保証します。


DocAve Governance Automation SP4に追加された主な機能は以下の通りです。

●Microsoft SharePoint 2013のハイブリッド環境をサポート ― Governance Automationの権限管理、展開、ライフサイクル管理、コンテンツ管理は、オンプレミスのSharePointとSharePoint Onlineの両方で利用可能です。新しいサイト、リスト、ライブラリのMicrosoft Office 365への展開を、ポリシーに準拠して実行します。オンプレミスのSharePoint 2013からOffice 365への移行も可能です。エンドユーザーが自身の持つ業務コンテンツの移行を、事前設定により自動化された承認プロセスを経て要求できるようにします。

@Press

トピックスRSS

ランキング