カゴヤ・ジャパン、レンタルサーバー「KAGOYA Internet Routing」で「Active! gate」によるクラウド型の本格的なメール誤送信防止サービスを開始

@Press / 2014年1月15日 13時30分

添付ファイルのZIP暗号化
データセンター・レンタルサーバー事業を展開するカゴヤ・ジャパン株式会社(代表取締役:北川 貞大、所在地:京都市中京区、以下:カゴヤ・ジャパン)は、株式会社トランスウエア(代表取締役:松田 賢、所在地:東京都中央区、以下:トランスウエア)と提携し、カゴヤ・ジャパンが提供するレンタルサーバー「KAGOYA Internet Routing(以下:KIR)」のオプションサービスとして、「メール誤送信対策 Active! gate(以下:Active! gate)」の提供を1月15日より開始いたします。

「Active! gate」はメールや添付ファイル経由の情報漏えいを確実に防ぐメール誤送信防止サービスです。メール送信時の「宛先を指定する」「内容を書く」「ファイルを添付する」、これらはすべて人的な作業であり、システムで自動的に対処しない限り誤送信を完全にはなくすことができません。
Active! gateはメールを送信する際、誤送信防止のための7つのアプローチを自動的に実行し、「うっかりミス」誤送信によるメールや添付ファイル経由の情報漏えいを確実に阻止します。

カゴヤ・ジャパンにおける利用例
契約プラン  :KIR メールプラン 共用タイプ(525円/月)
Active! gate :10メールアドレス(252円/月×10メールアドレス)
月々の利用料金:3,045円(税込)


●「Active! gate」機能概要
弊社KIRのオプションサービスとしてご提供する「Active! gate」では、以下の7つの機能をすぐにご利用いただけます。

管理者は、利用者全員に一律の設定を適用できるため、ユーザーごとの設定作業を省くことができ、ユーザー個別に設定いただくことも可能です。(一部機能は除く)
また、ご利用料金はメールアドレス単位といたしました。メールアドレスごとに利用の可否を設定していただけるため、外部とのやり取りの多い方のみご利用いただくなど、コストを抑えた運用が可能です。

1.送信メールの一時保留
管理者またはユーザーが設定した条件によって、メールを一定期間隔離・保留します。一定期間経過後、隔離したメールを設定によって「自動送信」または「自動削除」します。
保留の際には、送信確認を忘れないよう一定時間ごとにリマインダーメールをユーザーに送信します。また、特定の宛先へのメールのみ保留せずに配送することも可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング