アクサダイレクト、新TVCM「頼れるね」篇を1月26日より全国で放映開始 CMタレントには堤真一さんを起用

@Press / 2014年1月24日 15時0分

アクサ損害保険株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役社長 CEO:藤井靖之、以下「アクサダイレクト」)は、1月26日より、自動車保険の新TVCM「頼れるね」篇の放映を全国地上波、衛星波で開始します。CMのメインタレントには俳優の堤真一さんを起用しました。


新CMでは、冒頭の事故現場シーンに堤さんが登場し、問いかけます。
 「ダイレクト自動車保険。事故対応はどうなんだろう?」。
そこに、アクサダイレクトの事故対応スタッフ、ロードサービススタッフ等、事故を解決に導く「チームAXA」が登場します。そして堤さんが一言、
 「頼れるね」。
事故を起こしてしまったユーザーが「ホッ」とした時の安心感を堤さんの説得力ある語り口で表現しています。
アクサダイレクトの自動車保険は、リーズナブルな保険料で、万一のときも不安を安心に変えるためチーム一丸となってお客様をサポートする、そんな思いを込めたCMです。

「頼れるね」篇は、15秒、30秒のCMに加え、長尺のCMも制作。「チームAXA」メンバーそれぞれの活動、仕事に込める思いを表現し、より理解を深めていただける内容としています。

また、CMに登場する赤いラインは、AXAブランドの象徴である“スイッチ(ブランドロゴの赤い斜め線)”をモチーフにしたもので、保険を「再定義」するアイコンとして世界中のAXAグループ共通で使用されています。本CMでも、「不安な世界」から「安心な世界」に変える象徴的なアイコンとして登場し、AXAグループのブランドメッセージを表現しています。


【CM概要】
タイトル:「頼れるね」編 30秒CM ロードサービスバージョン
     「頼れるね」編 30秒CM ピックアップデリバリーバージョン
※その他、15秒CM、長尺CM

放映日     : 1月26日(日)より順次
新CMカットシート: http://www.atpress.ne.jp/releases/42291/att_42291_1.pdf
新CMの動画   : http://www.axa-direct.co.jp/ (※1月27日(月)掲載予定)


CMタレントプロフィール:
堤真一 (1964年7月7日生まれ、兵庫県出身)
シス・カンパニー所属。舞台俳優として、キャリアを重ねる。近年の出演作品は、映画『俺はまだ本気出してないだけ』『地獄でなぜ悪い』、舞台『マクベス』(共に2013年)など、舞台・映画・テレビドラマ・ナレーションなど、ジャンルを問わず幅広く活躍している。出演映画『土竜の唄』が2014年2月15日から公開。5月には、舞台『ロンサム・ウエスト』がひかえている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング