“ニッポンのサラリーマン”を描き続けて46年。週刊文春連載『タンマ君』(東海林さだお)が電子書籍デビュー!

@Press / 2014年1月17日 9時30分

『タンマ君 発奮篇』書影
株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、1月17日、文春e-Books『タンマ君 発奮篇』(東海林さだお)を発売いたします。「文春e-Books」は2013年12月にスタートした、文藝春秋の電子書籍オリジナルレーベルです。

わが国にサラリーマンを描いた漫画は数多くありますが、その代表格といえばなんといっても『タンマ君』。なにしろ週刊文春で連載がスタートしたのは東京五輪の4年後の1968年。今年で47年目を迎える超・長寿連載です。

ふつうなら半世紀近くサラリーマンをしていれば社長や会長になっているものですが、タンマ君は違います。出世街道を駆け上がっていくわけでもなく、社内の権力闘争にしのぎを削ることもない、まさに“ザ・万年ヒラ社員”。上司からは小言をくらい、女性社員たちからは見下され、しかしタンマ君はそんなことどこ吹く風で、今日も昼食はざるそばか盛りそばかのチョイスに懊悩し、同僚と飲み代の支払いを巡ってセコく争い、自分に秋波を送ろうとしない女性たちの見る目のなさを嘆きます。

そう、タンマ君こそ「倍返しだ!」と見得を切る気概も機会もない、会社社会の大半を占めるフツーのサラリーマン、つまり私たちの代表なのです。だからこそ東海林さだおさんが愛情込めて描くこの2ページの漫画は、長年読者の熱い支持を受け続けているのです。

本書は『タンマ君』の週刊文春2012年掲載分を丸々1冊にパッケージ。通勤のお伴に、休憩時間のリフレッシュに最適です。これを読めば、仕事上の小さな悩みなんて吹き飛びます。それどころか、貴方のサラリーマン人生の新たな指針が隠されていたりするかも!?


■書誌情報
書名    :『タンマ君 発奮篇』
著者    :東海林さだお
販売価格  :249円
発売日   :1月17日
販売電子書店:Kindleストア、iBooks Store、楽天kobo、Reader Store、
       紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、
       電子書籍を販売している主要書店

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

本文サンプル1本文サンプル2

@Press

トピックスRSS

ランキング