ボッテガ・ヴェネタ MEN'S 2014年秋冬コレクションを発表

@Press / 2014年1月16日 11時0分

04
ボッテガ・ヴェネタの2014/2015年秋冬コレクションは、心地よいインフォーマルな装いを基調としています。様々なスタイルの視点に根差した今回のコレクションは、きちんとしたユニフォームの感覚と気軽にくつろげるスポーツウェアの感覚を融合しつつ、高級感あふれる素材を使い、構造をきめ細かく表現し、またさりげなく手の込んだ柔らかなテーラードのシルエットを作ることで、特徴的で洗練されたウェアを生み出しています。


今シーズンのカラーパレットは抑制されたニュートラルカラーが中心で、特により暗い色に重点が置かれています。グレー系やグリーン系の様々な色合いに加え、サンドやミストといったより淡いトーンのニュートラルカラーも揃っています。また、差し色としてダークオーベルジーヌ、バーンドレッド、シャルトリューズが使われています。

素材は暖かく、高級感があり、手触りが心地よいものが揃っています。カーフスエードやラムスキン、ムートンが多彩なアイテムに繰り返し使われているほか、ウールの織物や様々なゲージのニットは素材にカシミアやキャメル、フランネル、英国製のダブルフェイスウールなどが使われています。また、ウール素材にパターンを施したものが登場し、グレンチェックなど特注で作られた格子柄には伝統的な落ち着いた色使いと、型破りな色の組み合わせが用いられています。コートは完全なリバーシブルになっており、片面に柄を施し、もう一方の面は無地にするなど、平日から週末まで十分に着回すことのできるデザインとなっています。また、パンツがシルエットのポイントとなっており、先に向かって細くなったラインと裾のリブが活動的なスポーツウェアをイメージさせます。一方、レザーやフランネル、スエード、両面仕立てのウールといった定番、あるいは予想外の素材を使ったトップスはよりゆったりとしたシルエットになっています。また今回のコレクションを通じて、レザーやスエードを使った珍しい差し込みの装飾、柄物同士を合わせたパターン・オン・パターン、色付きの縁飾り、グラデーションの段染めなど、新しい技法を用いることでディテールに印象深いデザインを取り入れています。

緻密に作られたアクセサリーはコレクションのインフォーマルな雰囲気に合わせ比較的カジュアルなデザインとなっており、コーディネートに気楽でありながら洗練された印象を与えています。今シーズンのバッグは、斜め掛けできる柔らかな構造のサッチェルバッグがポイントです。幅広のストラップと大きなフラップが付いており、素材はワックスをかけたレザーや洗いをかけたオーストリッチなどを使っています。シューズは金具が付いたモデルなど、がっしりとした男性的なデザインで、全体のシルエットを力強く引き締めています。


クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「今回のコレクションは1つのコーディネートでいろいろなシーンに対応できる方法を模索し続けた結果、用途の広さと気楽さに辿りつきました。都会の街中であれ田舎であれ、男性にとって必要なものは何か、似合うものは何か、と私はいつも考えています。今回のコレクションはその問いに対する私たちの答えといえるでしょう」と語っています。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

263742

@Press

トピックスRSS

ランキング