京阪百貨店、ギフト商品の対面受注システムを刷新し、データベース基盤として「Oracle Database Appliance」を稼働開始~ 繁忙期のバッチ処理が最大6倍高速化、データベース統合プロジェクトも進行中 ~

@Press / 2014年1月15日 11時45分

 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者 デレク・エイチ・ウイリアムズ、以下 日本オラクル)と株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 大塚 辰男、以下 アシスト)は、オラクルの高可用性データベースとハードウェアを一体化したエンジニアド・システム「Oracle Database Appliance」が、大阪府を拠点に営業展開する株式会社京阪百貨店(本社:大阪府守口市、代表取締役会長兼社長:末近 義治、略記:京阪百貨店)のデータベース基盤として2013年9月に採用され、同年10月1日に稼働開始したことを発表します。

 「すがたも心もきれいな百貨店」をコンセプトに、顧客視点に立った商品の品揃えやサービスで、幅広い顧客層に支持されている京阪百貨店では、2006年にギフト商品の対面受注システムを導入しました。お中元やお歳暮などのギフト商品の受注には、京阪百貨店の約170台の端末が対面受注システムとして利用されています。受注したギフト商品は一定のタイミングで配送されるため対面受注処理とギフト配送の伝票出力処理が重なり、システムの成長と相まって伝票出力処理が対面受注処理に影響を及ぼすことがありました。しかし、当初のシステムは「Oracle Database Standard Edition」を採用したギフト受注パッケージであったため、対面受注処理に影響を及ぼしている問題をデータベース層でユーザーが正確に把握する術がなくシステム状況の把握も困難でした。また、四半期ごとにギフト受発注データに実施される繁忙期の夜間バッチ処理はデータ増加にともない5〜6時間を要し、翌日の開店までに終了しないリスクも抱えていました。

 京阪百貨店では、本システムのハードウェア更改のタイミングで、データベース基盤として「Oracle Database Appliance」を採用しました。「Oracle Database Appliance」に含まれる「Oracle Enterprise Manager Diagnostics Pack」と「Oracle Enterprise Manager Tuning Pack」を利用することで、「Oracle Database」 内部の稼働状況が可視化されシステムの信頼性が向上、さらに、ギフト単品マスター管理、共通カード・システムなどのデータベース統合によりコスト効果を得ることができると判断しました。

 「Oracle Database Appliance」を採用したシステムの稼働開始後、5〜6時間の夜間バッチ処理は1時間に短縮され、伝票出力処理が対面受注端末の処理に影響を及ぼすこともなくなりました。現在、データベース基盤としてギフト単品マスター管理、共通カード・システムなどの複数のデータベースの統合プロジェクトが進行しており、次の段階では顧客システムのデータベース統合も視野に計画を策定しています。

株式会社京阪百貨店 管理本部 経理部 情報システム担当部長 井上 匡人 氏からのコメント
======================================================================
今回のデータベース統合は、各システムの更新スケジュールがタイミング良く並んだことで第一歩を踏み出すことができました。今後、稼動実績を積みながら、さらに統合を進めていく予定です。
======================================================================

----------------------------------------------------------------------
■「Oracle Database Appliance」について
----------------------------------------------------------------------
「Oracle Database Appliance」は、高可用性・高信頼性に定評のある「Oracle Database 11g Enterprise Edition」専用に開発されたエンジニアド・システムです。事前構成済みのハードウェアと、ソフトウェアを組み合わせることで短期構築と運用コストの削減を実現します。データベース導入や管理の手間とコストを大幅に削減する画期的なソリューションです。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社京阪百貨店について
----------------------------------------------------------------------
代表取締役会長兼社長:末近 義治
設立:1983年4月
従業員数:1,041名(2013年3月現在)
本社:大阪府守口市河原町8番3号
事業内容:百貨店業
URL: http://www.keihan-dept.co.jp/

----------------------------------------------------------------------
■オラクルについて
----------------------------------------------------------------------
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NYSE: ORCL)に関する、より詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

----------------------------------------------------------------------
■株式会社アシストについて
----------------------------------------------------------------------
代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
社員数:830名(2013年4月1日現在)
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL: http://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースのそれぞれの分野で支援しています。今年は“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、この3分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

----------------------------------------------------------------------
■ニュースリリースに関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田
TEL:03-6834-4837 FAX:03-6834-6129 E-mail:pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム  http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

株式会社アシスト 広報部 担当:田口
TEL:03-5276-5850 FAX:03-5276-5895
E-Mail:press@ashisuto.co.jp

----------------------------------------------------------------------
■「Oracle Database Appliance」に関するお問い合わせ
----------------------------------------------------------------------
株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:中村 剛
TEL:03-5276-3653 FAX:03-5276-5869
E-Mail:database@ashisuto.co.jp
詳細URL: http://www.ashisuto.co.jp/solution/dodai/stack/oda/

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング