オンライン英会話エイムトーク、「古事記」を教材に英会話提供

@Press / 2014年1月16日 13時0分

所 功 氏 写真
 株式会社 aim(所在地:大阪市中央区、代表:加地 太祐)は、2014年1月16日(木)よりオンライン英会話エイムトークサイト内におきまして奇跡のW遷宮写真展「神の宮」応援プロジェクト第一弾「英語で学ぶ日本神話 古事記編」をスタートいたします。

URL: http://kaminomiya.aim-talk.com/


 エイムトークはフィリピンマニラに拠点を設け、すべて正社員のエキスパートな講師で運営するオンライン英会話スクールです。本プロジェクトは当社の理念でもある「英会話学習は目的ではなく手段である」に基づき、日本人としての知識、考え、そして式年遷宮から学ぶ「将来世代のために生まれた常若の仕組み」などグローバルに生きる日本人として知っておきたい内容を収録。その第一弾が古事記編となります。

特徴(1) フィリピン人講師と共に日本神話を学ぶ学び合いの現場
特徴(2) 教材は無料で配信 ※個人使用に限る
特徴(3) モラロジー研究所 所 功 先生に制作指導


■所 功 先生(ところ いさお)
1941年岐阜県生まれ。
名古屋大学大学院修士課程修了。皇學館大学助教授、文部省教科書調査官を経て、1981年から京都産業大学教授。現在、公益財団法人モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授、京都産業大学名誉教授、皇學館大学特別招聘教授。法学博士。

・主な著作
『伊勢神宮』(講談社学術文庫)、『京都の三大祭』(角川選書)、『国旗・国歌の常識』(東京堂出版)、『国民の祝日の由来がわかる小事典』・『皇位継承のあり方』(PHP新書)、『平安朝儀式書成立史の研究』・『宮廷儀式書成立史の再検討』(共に国書刊行会)、『年号の歴史 - 元号制度の史的研究』(雄山閣出版)、『菅原道真の実像』(臨川書店)、『三善清行』(吉川弘文館)、『皇室の伝統と日本文化』・『歴代天皇の実像』・『皇室に学ぶ徳育』(共にモラロジー研究所)、『皇室典範と女性宮家』(勉誠出版)、『日本の宮家と女性宮家』(新人物往来社)、『皇室事典』(共編著・角川学芸出版)など。


■増浦 行仁 氏 写真家
1963年生まれ。1981年渡仏。1983年にはVOGUE(Paris)ギィ・ブルダン氏のアシスタントとなる。1987年サロン・ドートンヌ入賞。以後ルーブル美術館、オルセー美術館、パリ近代美術館等の撮影許可を取得。1998年BIBLIOTHEQUE NATIONAL de FRANCE(フランス国立図書館)に作品31点を永久保存される。2002年秋、フィレンツェのカーサ・ブオナローティ(ミケランジェロ美術館)を皮切りに、2003~4年日本国内各地にて『GENESIS』(ミケランジェロ作品集)展開催。
2006年より伊勢神宮「第62回式年遷宮」、2007年には出雲大社「平成の大遷宮」の写真家として公式に認定される。現在は、前述の両遷宮に加え、私淑している土門 拳の意志を継承し「平成の古寺巡礼」として歴史的な神社仏閣を初め、日本の伝統芸能である「文楽」、「能」にもレンズを向けている。2013年秋より、国内外に於いて遷宮作品集『神の宮』の巡回展開始。今後、21世紀の“眼”としてますますの活躍が期待される。


■会社概要
会社名: 株式会社 aim(エイム)
所在地: <本社>
     〒542-0064 大阪市中央区上汐2丁目4番6号
     <東京オフィス>
     〒143-0023 東京都太田区山王2-1-8-520
     <フィリピンオフィス>
     Unit 29D Chatam House 116 Valero corner Rufino street
     Salcedo Village Makati, Philippines 1210
代表者: 加地 太祐
資本金: 1,000万円
URL  : http://www.aim-talk.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

増浦 行仁 氏 写真古事記 教材

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング