大豆、玄米でできた「まるっきりお肉」がもっと手間いらずに 温めるだけ!グルテンフリーの唐揚げ・ハンバーグ・メンチカツが新登場

@Press / 2014年1月31日 9時30分

まるっきり唐揚げ
農業生産法人である株式会社マイセン(本社:福井県鯖江市、代表取締役:牧野 仙以知)は、大豆と玄米のみを原材料とした「まるっきりお肉」をベースに加工した冷凍食品「まるっきり唐揚げ」「まるっきりハンバーグ」「まるっきりメンチカツ」を1月31日(金)に発売します。

またこの度、同製品の発売と同時に特設サイト『まるっきり.com( http://www.marukkiri.com/ )』を開設いたします。「まるっきりお肉」を使ったレシピを公開するなど、シリーズ製品について情報発信をしていく予定です。

「まるっきりシリーズ」詳細ページ
http://www.maisen.co.jp/shopping/marukkiri-series/


■「まるっきりシリーズ」展開の背景
ベースとなる「まるっきりお肉」の発売から1年余り立ち、全国のスーパーなどの店舗で販売されるようになった中で、お客様のお声に『少し手間がかかる』『すぐに食べることができると良い』『最初からできていればいいのに』などのご意見が多くあり、加工済み食品を開発いたしました。

※「まるっきりお肉」とは
お肉の食感を再現し、あらゆる料理に調理可能な“お肉のかわりに使うことができる”置き換えの特性を持った加工食品です。原材料には、農業生産法人である株式会社マイセンの残留農薬検査合格済コシヒカリ玄米と、国産大豆(遺伝子組み換えでない)のみを使用。完全栄養食と言われる玄米と、畑のお肉と言われる大豆を独自の方法でブレンドし、深い味わいを持たせることができました。
また、商品は保存料・着色料・化学調味料を一切使わない無添加の商品です。乾燥タイプであり、長期間保存が可能です。


■ターゲット・コンセプト
健康的な食生活を求める意識の高い方に「肉・小麦粉(グルテン)・卵・乳製品・白砂糖・アルコール不使用の擬似肉食品群」を提供することでお客様のダイエット・アレルギー・穀物菜食(ベジタリアン)に関する悩みを解決します。

原料に使用するつなぎや衣にも玄米粉や米パン粉を使用。醤油に関しても小麦が一切入っていないものを使用するなど、原材料にこだわり、以下の『6N(6つのNo)』を掲げました。

No Meat(肉)
No Gluten(小麦)
No Egg(卵)
No Dairy Products(乳製品)
No White Sugar(白砂糖)
No Alcohol(アルコール)


■商品説明・特徴
お肉はもちろん不使用ですが、つなぎにも乳製品(牛乳など)・卵・小麦粉は使用せず、衣のパン粉は米100%のパン粉を使用し、隠し味の醤油も小麦粉不使用の完全グルテンフリーに徹底的にこだわりました。甘みには白砂糖ではなく、てんさい糖を使用し、その他の原料も余計な保存料や添加物は使用せず、天然由来のものばかりです。アレルギーの方はもちろん、素材を気にする健康志向の方でも安心してお召し上がり頂けます。お肉は使用しないのに文字通り“まるっきりお肉”の食感を実現させた、低カロリー&低脂肪のまさに理想的な食品です。
また、製造工程では、一つ一つを手作りし機械製造では味わえないほのぼのとしたぬくもりの味も感じます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング