<大規模マンションにおける日本最大級の省エネルギー実証>プラウド船橋(一街区、二街区) 2013年夏の省エネ実証結果 ~ 2014年4月よりディスアグリゲーション技術による次世代見える化サービスの実証実験を開始 ~

@Press / 2014年1月17日 14時0分

検証結果グラフ
野村不動産株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:中井 加明三)及び株式会社ファミリーネット・ジャパン(略称:FNJ、本社:東京都渋谷区/代表取締役:堤 昭彦)は、分譲マンション「プラウド船橋 一街区・二街区(一街区・二街区 総戸数573戸 全街区総戸数:1,497戸)」(千葉県船橋市/野村不動産・三菱商事共同事業)において、昨年8月より省エネルギーへの意識及び効果に関する調査を実施しており、今般2013年夏季期間の省エネ実証の結果について、お知らせします。

今後「プラウド船橋 三街区・五街区(三街区・五街区 総戸数:686戸)」においても同様の省エネ調査を予定(2014年1月から同年11月まで)しており、現時点で約260戸強の参加応募を頂戴しております。全対象街区の当該調査への参加者は約500戸となり、同等住戸性能を有した集合住戸群での省エネルギー実証としては、日本最大級です。
なお、本調査は、共同研究機関として一般財団法人 電力中央研究所(本部:東京都千代田区/理事長:各務 正博)の参画を得て、アドバイス自動生成システムの開発や、学術的・中立的な効果検証を行っております。


<料金体系と節電情報提供の2軸でグルーピングし、節電効果を検証>
【調査目的】
(1)スマートプラン(*1)の効果検証(ピークカット効果(kWの低減)/省エネ(kWhの削減))
(2)スマートメーターのデータ分析結果をもとに作成される省エネアドバイスレポートの効果検証
(3)ディスアグリゲーション技術(*2)の性能検証
(4)【調査期間】2013年8月~2014年11月(うち、夏季実証:2013年8月~9月)
【調査対象】プラウド船橋 一街区・二街区の入居世帯(全573世帯)のうち、参加申込みを頂いた世帯
【参加世帯数】233世帯(参加率:40.7%(2013年12月時点))
参加世帯を料金体系(スマートプラン/従来型料金体系)、及び節電情報提供(HEMS見える化・省エネアドバイスレポート)の有無により、A~Dの計4群にグルーピングしました。加えて、ディスアグリゲーション技術の性能検証のためディスアグリゲーション機器を設置したE群を追加しました。

表1:参加世帯のグルーピング(◯=提供あり/×=提供なし)

A群:53戸/スマートプラン/見える化画面◯/省エネアドバイスレポート×
B群:55戸/スマートプラン/見える化画面◯/省エネアドバイスレポート◯
C群:60戸/従来型料金体系/見える化画面◯/省エネアドバイスレポート◯
D群:60戸/従来型料金体系/見える化画面×/省エネアドバイスレポート×
E群: 5戸/スマートプラン/ディスアグリゲーション機器の設置

@Press

トピックスRSS

ランキング