~初売りに関する5,000人アンケート~ 今年の初売りの購入金額10,000円以上が男性は3割弱、女性は4割弱 初売り情報の収集は20代、30代ではインターネットがトップ、40代以降では折込チラシが半数

@Press / 2014年1月21日 9時30分

図表1. 初売りに行く頻度について(n=5,080)
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬 博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である2013年2月1日にサービスを開始した「レシートで貯める」のアンケートモニターを対象に「初売り」に関するアンケート調査の結果を報告します。
今回は、2014年のスタートに伴い、その景気の行方を占う初売りについて10代~80代の男女5,080名(女性3,107名、男性1,973名)を対象に2014年1月6日に調査を実施しました。

◆毎年初売りに行く人は2割強
図表1.初売りに行く頻度について(n=5,080)
http://www.atpress.ne.jp/releases/42463/img_42463_1.jpg

アンケートの回答者に初売りに行く頻度を聞いたところ、「毎年」と答えた方は20.9%、2~3年に1回の頻度と答えた方は16.8%、4~5年に1回と答えた方が3.8%となりました、また、行かないと回答した方は44.4%でした。


◆男女ともに初売りを買いに行くのは総合スーパー、食品スーパーがトップ
図表2.今年の初売りに行った業態について【複数回答】(n=2,827)
http://www.atpress.ne.jp/releases/42463/img_42463_2.jpg

今年の初売りではどのような業態に買い物に行ったのかを聞いたところ、男女とも総合スーパー、食品スーパーがトップで男性では44.4%、女性では35.6%でした。2位は百貨店で男性が22.5%、女性が31.2%、3位は専門店で、男性が20.7%、女性が22.0%となりました。
ポイントが分かれたのが雑貨店(PLAZA、LOFTなど)とホームセンターで、前者は女性が7.9%だったのに対し男性では5.1%、後者は男性が7.6%だったのに対し女性が4.6%でした。


◆37.1%の女性が初売りで総額10,000円以上を消費
図表3.今年の初売りで使った金額について(n=2,172)
http://www.atpress.ne.jp/releases/42463/img_42463_3.jpg

今年初売りに行った方に、初売りで使った金額を聞いたところ、男性は3,000円未満が31.5%、3,000~5,000円未満が19.9%、5,000~10,000円未満が21.7%、10,000~15,000円未満が10.2%、15,000~30,000円未満が9.0%、30,000~50,000円未満が3.5%でした。一方、女性は3,000円未満が26.3%、3,000~5,000円未満が17.8%、5,000~10,000円未満が18.7%、10,000~15,000円未満が14.7%、15,000~30,000円未満が11.3%、30,000~50,000円未満が6.9%で、女性のほうが初売りで10,000円以上の買い物をすることが多い傾向が判明しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング