“ジャン 焼肉のたれ”発売35周年のモランボンから 「塩ジャン」新登場!風味、香り、鮮度にこだわるジャンならではの圧倒的なフレッシュ感

@Press / 2014年1月31日 11時0分

塩ジャン
モランボン株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:ジョン・ピョンヨリ)では、精肉売場向け商品として、シャキシャキとした玉ねぎの食感と爽やかなレモンの味わいが楽しめる「塩ジャン 焼肉のたれ」を2014年2月1日(土)より新発売いたします。


<開発背景>
2014年2月1日、モランボンが設立し最初に発売した商品「ジャン 焼肉のたれ」が発売35周年を迎えます。35年前の1979年2月、「生パック」という商品コンセプトにこだわり7年の開発期間を経てジャンは発売されました。発売当初「ジャンは生きている」「生き続ける味」などのキャッチコピーをかかげ、35年経った現在でもその本物の味をご家庭にお届けしています。
そこで、今回、家庭での焼肉をより幅広く楽しんでいただくため、ジャンの味のバリエーションとして「塩ジャン」を新発売いたします。
塩ジャンは、こだわりの岩塩と刻み玉ねぎの食感、レモンのフレッシュな酸味が肉のおいしさを引き立てる、さわやかな味わいの焼肉のたれです。ジャン同様に厳選した素材をブレンドし「化学調味料・保存料無添加」で仕上げています。また、薬味・香辛料の風味を生かすため「生パック製法」(原料を調合したあと、加熱殺菌せずに低温でブレンドする製法)で仕上げた素材の味を引き立てる飽きない味わいが特徴です。
35周年を迎えたジャン、そして新発売の塩ジャンの2つの味で、家庭での焼肉シーンに新たなおいしさを提供するとともに、今後もさらなる本格焼肉を追求していきます。

<ジャンオリジナルサイト>
http://m-jang.jp/


■塩ジャン 焼肉のたれ 225g
画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/42484/img_42484_1.jpg

■ジャン 焼肉のたれ 240g
さらにおいしくリニューアル!リンゴやナシなど果実の自然な甘みを補い、より満足していただける味に変更しました。
画像: http://www.atpress.ne.jp/releases/42484/img_42484_2.jpg


<ジャンがおいしい理由>
【無添加】
素材本来の旨み・おいしさを味わっていただくため、化学調味料・保存料無添加にこだわっています。
【生パック】
焼肉のたれのおいしさは薬味・香辛料の風味にあります。その風味を生かすために生パック(非加熱)製法を取り入れています。
【本格焼肉】
本格的な焼肉屋さんの味をご家庭でも楽しんでいただきたい、そんな思いから肉にたれをからめて焼く、肉のおいしさを引き出す焼肉屋さんの食べ方を提案しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング