賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年1月および 関西圏・中京圏版 2014年1月 を発表

@Press / 2014年1月24日 10時30分

地域別外国人人口推移
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年1月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年1月」を発表しました。

 首都圏版では「東京23区の外国人居住者の状況」および「2013年11月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。

 また関西圏・中京圏版では「中心部に集中しつつある大阪市の住宅市場」および「2013年11月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて行われています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年1月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol49_residential20140124.html

     「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年1月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol21_resikansai20140124.html


1.首都圏版の概要
(1) 東京23区の外国人居住者の状況
 2012年12月の政権交代後に安倍政権が打ち出した景気対策、いわゆるアベノミクス効果により、東京都の不動産市場は上昇傾向にあるといわれています。一方で、海外投資家の注目が高まっているものの、海外資本の流入は進んでいません。高級賃貸住宅市場に大きく影響する欧米系の外国人人口は2009年以降減少傾向にあります。ボリュームの大きい米国と英国の外国人人口は、2013年も横ばいで推移しており、アベノミクスの影響は観察できません。2014年の外国人人口の動向は、日本経済の回復基調が継続するかどうかが、カギとなります。

図 東京23区地域別外国人人口推移へのリンク
http://www.atpress.ne.jp/releases/42551/img_42551_1.jpg


(2) 2013年11月期1都3県賃貸住宅指標
 供給量増加の影響で、東京23区のマンション系の空室率TVIが3ヶ月連続で微増となりました。また、神奈川県の空室率TVIは2012年中旬からの微増傾向が継続しています。今後、新年度にかけて首都圏には人口の大量な流入超過が見込まれますが、供給量も増加傾向にあるため、東京23区以外は空室率TVIが悪化する懸念があります。

@Press

トピックスRSS

ランキング